水洗いできるイヤーピース ソニー EP-TC50Mのレビュー

耳にフィットするイヤーピースを探して、いろいろ検討した結果、SONYのEP-TC50Mを購入しました。

イヤーピース EP-TC50M

BluetoothイヤホンのイヤーピースをソニーのEP-TC50Mに変えました

BluetoothイヤホンのTT-BH-16を愛用しているのですが、イヤーピースがしっくりこなくてSONYのEP-TC50Mというものに付け替えました。

愛用中のBluetoothイヤホンのはこちら Taotonic TT-BH-16

BluetoothイヤホンTT-BH-16を買ったら思いのほか快適だった!|Start Point

スマホとイヤホンをつなぐ紐のないワイヤレスイヤホン「Bluetoothイヤホン」を2種類(TT-BH-07、TT-BH-06)買ったので、その快適性と比較を書いてみました。紐につながれていないというだけでこんなにも快適なものなのかと感動しました。2016年に購入したもので一番です。
転載元:http://www.start-point.net/blog/item/goods/earphone/

TT-BH-16についているイヤーピースは可もなく不可もなく、普通のイヤーピースなんですが、耳にあまりフィットしないというか、個人的な問題だと思うんですが、私は右耳と左耳の穴の大きさが違うのか、リモコンがついているせいなのか、右耳のイヤホンが取れやすいように感じました。

直接、耳に入れているイヤーピースを別売りのものに変えたら軽減されるかなと思い、いろいろとイヤーピースを調べていると、いろんな種類のイヤーピースがありますね。
色も形も値段も種類もほんとうに千差万別。何を選べばよいか迷っちゃいます。

耳にフィットするやつを選ぶ

今回の解決したい課題は「耳から外れやすい」という問題なので、それを重視しながら、どうせなら音がよくなったら良いな、という視点でいろいろと調べました。

SONYのEP-EXN50というイヤーピースがレビューサイトなんかを見ていると、おススメらしくそれにしようかと思っていたら、値段がおかしい。高すぎるぞ。

どうやらこのEP-EXN50は廃版商品らしく、プレミアがついているようでAmazonでは売っているようなのですが、5000円くらいするので却下。そんな阿漕な売り方している商品は買いません。

改めて耳にフィットしそうなイヤーピースを探していると、ウレタン系の低反発のイヤーピースがニーズにマッチしてそう。

ウレタン系の耳栓を使っているのですが、手元でぎゅっとつぶして耳に入れると元の大きさに戻って耳にジャストフィットする、という仕組み。
それと同じ作りのイヤーピースならフィット感は問題なさそうだなと。

この耳栓を愛用してます。持ち運びに便利なケース付なんですよ。

ピップ イヤーホリデイ ペン型 ソフトな耳せん 専用ケース付(PIP EAR HOLIDAY)

¥ 327
Amazon.co.jp での取り扱い開始日:
参考価格:¥ 540
Amazonで詳細を見る

コンプライのイヤーピースの評判と価格が高い

ポリウレタン系のイヤピースで評判が良いのがコンプライ社のイヤーピース。結論からいうとこれ買ってないので、詳細わからないんですが、たぶん、フィット感だけで選ぶとこれが一番良さそう。

たっかいんですよ、これ。3000円くらいするんですわ。いや、バカ高いわけでもないし、買えない金額でもないんですけど、イヤホンが2800円くらいなのに、イヤーピースが3000円ってどうなんだろう、という自分の中の、「物の価値を決める主従関係が逆転してはならない」という、奇妙な価値観に引っかかって見送りました。

コンプライ Tx-500 BLK Mサイズ3ペア HC19-50101-01

¥ 2,883
Amazon.co.jp での取り扱い開始日:
参考価格:¥ 3,240
Amazonで詳細を見る

ただ、気にはなっているので、もう少し値段が下がったら購入してみたいと思っています。

次に、迷ったのが多摩電子工業のウレタンイヤーパッド。これはコンプライの約十分の一の値段で売っています。

多摩電子工業 ウレタンイヤーパッドM S0001M

¥ 392
Amazon.co.jp での取り扱い開始日:
参考価格:
Amazonで詳細を見る

これも買わなかったのでなんとも言えないのですが、コスパで選ぶならこれ一択でしょうね。評判もわるくないです。これにしようか本当に悩んだんですが、見た目が好みじゃなかったのでスルー。

イヤピースに見た目なんか関係ないだろ、という気持ちは存分にあったんですが、耳に入れればわからないし。ツルツルしているのがなんとなくあれで。

今回購入したのはソニーのEP-TC50M

で、いろいろ迷った挙句に購入したのがこれ。ソニーのEP-TC50M。

いろいろ考えたんですが、ソニーというネームバリューの信頼感と、水洗いできるという特徴に惹かれてこれにしました。

ソニー XBA-N3・N1用コンフォートイヤーピース(Mサイズ・2ペア)SONY EP-TC50M

¥ 1,287
Amazon.co.jp での取り扱い開始日:
参考価格:
Amazonで詳細を見る

イヤーピースって耳に毎日入れるから、清潔感って気になりません?
頻繁に変えるものでもなく洗うという習慣もないので、この「水洗い」ができるという点が刺さったんですね。

2ペア入りなので、1個を水洗いして、もう1個を使うというローテーションを想定して。

ソニー イヤーピース EP-TC50Mの商品特徴

トリプルコンフォートイヤーピース

素材:2種類の硬度のシリコンゴム・独自開発シリコンフォーム素材
特徴:今までにない局所追従性・外形追従性・内部追従性
効果:高い遮音性能・長時間の快適な装着性・水洗いできる清潔さ

局所追従性

イヤーピースの表面が耳と触れる部分の細かな凹凸に追従します

外形追従性

イヤーピースの全体が耳穴の形状に追従します

内部追従性

イヤーピースの軸部が耳穴の曲がりざまに追従します

↑WEB上に大した情報が載ってなかったのでパッケージをスキャンして再現してみましたよ。

早速、TT-BH-16に装着してみました。つかなかったらどうしようかと思いましたが、無事装着。

購入したのMサイズですが、大きさは普通ですかね、大きすぎでもなく小さすぎでもないです。

ウレタン製の耳栓の場合、真ん中に芯がないので思いっきりグニャとつぶせるのですが、このイヤーピースの場合、真ん中にイヤホンと接続する芯があるので、思ったほどぐにゃりとはなりません。

なのでつぶしてから耳に入れるというよりも、耳の中に突っ込んでいくとそれにイヤーピースが合わせてくれる、といった感じです。

購入してから約1か月(購入日:2017年1月12日)使いましたが、気になっていたフィット感。今まで使っていたものと比べて抜群によくなりました。耳から抜けそうになることも今のところありません。

会社にいく途中で遅刻しそうな時にイヤホンしたまま走ったりするんですが、今までは右耳だけ走っている最中に抜けてしまうこともあったんですけど、このイヤーピースに変えてから耳から落ちるということもなくなりました。(遅刻は相変わらず)

音はよくなったかどうか

このイヤーピースに変えて、感動するほど劇的な変化があった、という感想は正直ないのですが、耳にフィットする分、音の伝わりがよくなった気がします。

正直に言うと、音の良しあしが言葉に表せるほど耳がよくない。うん、満足してますよ。変えてよかったとおもってます。
ただ、音がどう変わったとかを具体的に示せるほど、私の耳もライティング能力も高くないんです。
これはいろいろなイヤーピースを買い比べて、それぞれの商品特徴を把握して、かつ、語彙力を上げないとうまく表せないんでしょうな。

変えてよかったです!これに!

ソニー XBA-N3・N1用コンフォートイヤーピース(Mサイズ・2ペア)SONY EP-TC50M

¥ 1,287
Amazon.co.jp での取り扱い開始日:
参考価格:
Amazonで詳細を見る

SNSでシェア&感想をつぶやく


ブログテーマ&記述者

WEBを使って色々と面白いことをやりたいと思っています。テーマもジャンルもなく思いついたことをつらつらと書いていきます。よろしくお願いします。

fuchi
WEBクリエイター
37歳 ♂ 鳥好き

最近更新された記事

カテゴリリスト

イヤーピース・イヤホンチップ アマゾン