戦国武将の辞世の句

戦国戦乱の世を駆け抜け、現代にまで名を残し、語り継がれる戦国武将が最後に残した辞世の句をご紹介します。

戦国武将の辞世の句

戦国時代の武将たちが詠んだ辞世の句をご紹介します。

織田 信長
是非に及ばず
豊臣 秀吉
露と落ち 露と消えにし 吾が身かな 浪花の事も 夢のまた夢
露と散り 雫と消ゆる 世の中に 何と残れる 心なるらん
徳川 家康
先に行く あとに残るも 同じこと 連れて行けぬを わかれぞと思う
上杉 謙信
四十九年 一睡夢 一期栄華 一盃酒 嗚呼柳緑花紅
極楽も 地獄もさきは 有明の 月の心に かかる雲なし
武田 信玄
大低還他肌骨好 不塗紅粉自風流
書き下し文
大低は他の肌骨(きこつ)の好きに還ろ 紅粉を塗らずしておのずから風流
伊達 正宗
曇りなき 心の月を さき立てて 浮世の闇を 照らしてぞ行く
明智 光秀
順逆二門に無し 大道心源に徹す 五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す
心しらぬ 人は何とも言はばいへ 身をも惜まじ 名をも惜まじ
前田 慶次郎
抑批無苦庵は 孝を勤むべき親もなければ 憐れむべき子もなし
こころは墨に染ねども 髪結ぶがむずかしさに つむりを剃り
手のつかひ不奉公もせず 足の駕籠かき小揚やとはず
七年の病なければ 三年の蓬も用ひず
雲無心にして岫を出るもまたをかし
詩歌に心なければ月花も苦にならず
寝たき時は昼も寝 起きたき時は夜も起きる
九品蓮台に至らんと思ふ欲心なければ
八萬地獄に落つべき罪もなし
生きるまでいきたらば 死ぬるでもあろうかとおもふ
※辞世の句ではない
柴田 勝家
夏の夜の 夢路はかなき あとの名を 雲井にあげよ 山ほととぎす
北条 氏康
夏は来つ 音に鳴く蝉の 空衣 己己の 身の上に着よ
島津 義弘
春秋の 紅葉はついに 留まらず 人も虚しき 関路なりけり
足利 義輝
五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで
織田 信孝
昔より 主を内海の 野間ならば やがて報いん 羽柴筑前
黒田 如水(官兵衛)
思いゆく 言の葉なくて ついにゆく 道はま迷わじ なるに任せて
豊臣 秀次
月花を 心のままに 見尽くしぬ 何か浮世に 思い残さん
斎藤 道三
捨ててだに この世のほかは なき物を いづくかつひの すみかなりけむ
石田 三成
筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり
大谷 吉継
契りあれば 六つの衢に 待てしばし 遅れ先だつ ことはありとも

SNSでシェア&感想をつぶやく