Amazonプライム動画をみて通勤する楽しみ

長距離通勤のデメリットである通勤に時間がかかるということを逆に有意義に過ごすことで人生を豊かにする方法の提案です。

通勤時間を楽しく過ごすナショナルジオグラフィックとアマゾンプライム

Amazonプライム動画をみて通勤する楽しみ

長距離通勤のデメリットである通勤に時間がかかるということを逆に有意義に過ごすことで人生を豊かにする方法の提案です。そのために割く時間はもったいないけど通勤の合間だったら逆に合理的でしょ。という過ごし方をして楽しんでいます。

公開日:
最終更新日:

Amazonプライム動画をみて通勤する楽しみ 関連ワード
Amazon
  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る

通勤時間の有効活用方法

通勤に片道1時間30分くらいかかるんですよ。電車に乗っている時間は1時間くらい。毎日毎日往復で3時間くらい移動にかけているわけです。この時間の過ごし方で色々変わってくると思うんですよね。

読書の時間にしてもいいんですけど、せっかく21世紀に入って16年ぐらい過ぎたわけですから、夢にまで見た21世紀らしい過ごし方で過ごしたいわけですよね。
車は地面を走っているけど(この発想である程度年齢がうかがいしれますね)、色々なものが詰まった小さな情報端末があるわけですし。えぇ、アンドロイドですが。

というわけで、通勤時間の有意義な過ごし方を紹介したいと思います。

Amazonプライムの動画を見て過ごす通勤風景

音楽聞いたり、本を読んだり、マンガをみたり、ぼーっとしたりするのもいいんですけど、最近の流行りはAmazonプライム動画を見る。 ということをしています。

Amazonプライムが色々と特典を追加してくれたおかげで、Amazonプライム会員になることの価値がだいぶあがりましたよね。少し前まではちょっと早く荷物が着くくらいだったのに。

動画のラインナップは正直、イマイチ感はぬぐえないですが、色々あるので興味のある動画を探してダウンロードして電車の中で見る、ということをしています。

家でWifiでダウンロードしておくことで通信制限を気にしないで動画を楽しむことができます。
何を見ているかというと、「ナショナルジオグラフィック」の動物動画を中心に見ています。

野生動物をみて思うこと

会社の女の子にどういう気持ちでその動画を見てるんですか?と言われて、何も言えなかったんですけどね、今になって思うと色々と感じることがあるわけです。

意識の高いサラリーマンなら英会話だとか、プレゼンのどーたらとか、日経なんたらとか、人の心をつかむ会話術だとか、自分をグーグル化する方法だとか、竿竹やがなんでつぶれないのか考えたりとか、1秒で財務諸表を読めるようになる本を読むとか、低糖質の食事のとり方だとか、思考を現実化する方法だとかを考えると思うんですけども、そういうことは30過ぎがやってちゃだめだと思うんですよ。

そういうのは20台で終わりです。30歳も半ばを過ぎると自分のスキルアップよりも残りの人生をどうやって楽しむかの方がウェイトが大きくあるべきだと思います。

話がそれました。そんなことよりナショナルジオグラフィックの素晴らしさを伝えるためにこの時間を使っていることを忘れてはならない。イシューをずらすなとビジネススクールで学んだことを思い出しました。

命のやりとりを間近にみることの大切さ

人間同士が殺しあっている動画を見ていたら猟奇的な人間というレッテルを張られて現代社会で生きていくことが非常に困難になるわけですが、動物同士の命の奪い合いは「弱肉強食」という名のもとに(時に)尊いものとして扱われるんです。人間主観では。

驚愕!戦慄!野生動物の決定的瞬間、シーズン4より引用

動物ものは好き

「驚愕!戦慄!野生動物の決定的瞬間、シーズン4」という邦題の動画なんですが、吹替がされていて、非常に見やすいのでオススメです。ただ、結構残酷なシーンがあるので、そういうのが苦手な方は覚悟をもって見てください。

動物が動物を襲っているシーンをプロやアマチュアの人が撮影した動画のオムニバスな動画なんですが、そういったシーンに立ち会った人たちは口々にこういうわけです。「一生に一度しか見ることのできない貴重な体験でした」と。

この言葉には、倫理観や正義観やこうあるべきという理論を超越した人間の本心や本能が垣間見えておもしろいなと思います。残酷でありながらも貴重な体験だったと。自然のあるべき姿がそこにある、とすべてを受け入れて思ったことをそのまま述べているわけですよ。

人間って生き物は、「人」とそれ以外ですべての価値観が異なるんだなと思いました。ほんとうに地球で一番わがままな生物です。支配者です。まごうことなきこの星の支配者です。

カバ最強説を信じていたけどどう考えても象が最強

地上最強の動物は何なのか、だれしもが一度は考える問ですよね。

驚愕!戦慄!野生動物の決定的瞬間、シーズン4より引用

驚愕!戦慄!野生動物の決定的瞬間、シーズン4より引用

そんなくだらないことを思ったりもするわけですけど、単純に狩りのシーンとかをみるとすげぇな、あいつら。と素直に関心します。ほかにも、虎VS虎の戦いや、カバVSカバの戦い、ライオンVSライオンだったり、チーターの狩りやキリンが水辺で思いっきり転ぶシーンなど、ナショナルジオグラフィックでしか見られないクオリティの映像が盛りだくさんです。

驚愕!戦慄!野生動物の決定的瞬間、シーズン4の詳細はこちら

日本の動物ものはぬるすぎで見る気があまりしません。かわいいかわいいとか、そういうのを求めてるんじゃないんだよ、こっちは。茶の間が凍り付くくらいの衝撃映像を欲しているわけです。わくわく動物ランドのころはまだ、そういうのがあったような気がしますが、志村動物園になるともうだめです。

そんな感じで通勤してます

そういう動画を見ながら優雅に通勤することで、苦痛を伴う時間を有意義に過ごすことに成功しています。また面白い動画を見つけたらだらだらと紹介させていただきます!

  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る

次の記事はこちら

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 39歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

プロフィール詳細はこちら

駄文 関連記事はこちら すべての 日記 記事はこちら

ブログ人気の記事・レビュー

新着記事

カテゴリリスト

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 39歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

プロフィール詳細はこちら