Googleアドセンス広告で収益を上げるにはなにをすれば良いか

Googleアドセンス広告の収益化を逆算して考えて、KPIを洗い出し、何をすれば良いかを設計しました。

アドセンス広告の収益最大化のために収益構造を考える

アドセンスの収益構造 WEB制作

Googleアドセンス広告のKPIは「CPC」「CTR」「PV数」と考えて、そこから何ができるかを確認しています。それぞれの指標に対してのアプローチを洗い出し、なにをすれば良いかを確認しました。これから着々と計画を実行に移します。

公開日:
最終更新日:

  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0

アドセンスの広告の収益を最大化したい!

Googleアドセンスをサイトやブログに張り付けて、サイトの収益を得る。
ブロガーやサイト運営をしている方にはおなじみの方法ですね。

お金儲けのためにサイトを作っているわけではないんですけど、お金もらえるなら欲しいじゃないですか。
どうせもらうなら多いほうがいいじゃないですか。

WEBサイトの広告で収益上げるという、かけた時間とリターンがまったく見合わないのに、世間一般では不労所得を簡単に得られると思われがちな広告収益。

それを最大化するために、やれることを色々と実験していこうと思います。

最初に言っておくと、収益を最大化したい、というのは願望なので、「収益を最大化する方法」を紹介する記事ではありません。
そのために色々やるので、参考になれば幸いです。

Adecencの収益構造と主要KPIの洗い出し

アドセンスの集計の最大化を目標に、収益があがる流れと主要KPIの洗い出しをしました。

アドセンスの収益最大化 KPI洗い出し

アドセンスの収益最大化への道

アドセンスはサイトに表示された広告がクリックされることで、収益が生まれます。
それをどんどんドリルダウンしていくとこうなります。

広告のクリック CPC(クリック単価)

広告のクリックには、1クリックあたりの収益が設定されます。
CPC(シーピーシー:Cost Per Click クリック単価)が高ければ高いほど、効率よく収益があがるわけですが、このクリック単価はこちらでは指定することができません。

CPCをUPさせる要素があるので、それを満たしていけばクリック単価の上昇を望めるかもしれません。

アドセンス広告 CPCの考え方

CPCの考え方

広告の表示 CTR(クリック率)

広告の表示回数に対してのクリック数を測る指標がCTR(シーティーアール:Click Through Rate クリック率)です。

サイトに設置する広告の数、種類、位置などはこちらでコントロール可能です。
広告がクリックされやすい位置に最適な広告を配置することで、クリック率を高めることが可能です。

どの位置にどの広告が良いかは、WEB上でググるとでてきますけども、サイトによって違いがあると思うので、あまりうのみにせずテストを重ねるのがベストです。

リンクユニットはCTRが高い

CTRの高い広告例

ページの表示 PV

広告をいくら設置しても、サイトのページビューが低ければ収益化は進みません。
サイトそのもののPV数を増加させることで広告表示回数が増え、収益を生み出すチャンスが増えます。

PV数はアクセスだけに限らず、流入したユーザーに対してより多くのページを閲覧してもらうことでも増やせます。

離脱率の改善と回遊率の向上ですね。
1ユーザーあたりのページビュー数の増加と、新規ユーザーの流入の両方からページビューを増やしていきたいところ。

また、ページの表示速度が遅いと離脱率が上がるというデータもあるので、いろんな観点からの改善ポイントがありますね。

効果的な内部リンクの作り方はこちらの記事がオススメです。

集客方法 SEO

サイトの来訪者をより多く獲得することで、ページビューを増やす。
SEOとはしているものの、最近はTwitterやインスタグラム、LINEにYoutube、ピンタレストと検索以外の流入が増えてきました。

Googleを中心とする検索サイトはパイが大きいものの、変動要素が激しく、ここにばかり力を入れていると、ある日突然アクセス数が激減するということが頻繁に起こるので、力を入れつつも別の流入経路の確保が重要になっています。

広告効果を効果測定しながら収益を最大する

WEBマーケティングの世界では、どんなことでも数字で表されます。
広告の表示回数、クリック数、クリック単価、PV数、離脱率などなど。

この数字の変動を見極めながら、自分のサイトにとっての最適解を探っていきます。
Googleアドセンスの管理画面には、これらの指標を1日単位で確認することができます。

広告収入は日によって変動があるので、変更した施策と改善点の因果関係をしっかり見極めなければ間違った結果を採用することになるので注意が必要です。

行った施策の目的と改善されるべきポイントを見極めて、単純に収益が上がった下がったの判断ではなく、施策に対してのKPIの変動を確認することが重要です。

Googleアドセンスの収益シミュレーターを作りました

現状のアドセンスの指標と月間の目標金額を入力すると、目標達成が可能か、ここで紹介しているKPI「CPC、CTR、PV」が変動するとどの程度収益が改善するかを確認できます。

入力した情報の収集などは行っていないので、お気軽にお試しください。

目標達成には、具体的な数値目標があったほうが達成が早くなります。

こんな感じでいろいろと試行錯誤と実験を積み重ねて、アドセンスの収益改善を測っていきます!

  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0
はてなブックマーク

おもしろかったらぜひ、はてなブックマークをお願いいたします。

次の記事はこちら

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
40歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップのレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

サイト収益化 関連記事はこちら すべての WEB制作 記事はこちら

PHPを覚えたらSQLも覚えて自作のCMSを作ってみよう

PHPを覚えたらSQLも覚えて自作のCMSを作ってみよう

PHPを覚えたらデータベース回りも一緒に覚えるのがオススメです、 制作できるものの幅が広がって色々な仕組みを理解できます

1行のCSSで作る横スライドの作り方

1行のCSSで作る横スライドの作り方

CSSのoverflow-x: scrollを使った横スライドの簡単な作り方と事例紹介です。 簡単便利はいいことだ。

PHPを使った漢字クイズの作り方解説 その1 POST送信

PHPを使った漢字クイズの作り方解説 その1 POST送信

【初心者向け】PHPを使った漢字クイズの作り方を解説します。1回目はGETとPOSTの簡単な解説から実際に使うPHPの紹介です。

14年間使ったロリポップのライトプランからスタンダードプランへ変更

14年間使ったロリポップのライトプランからスタンダードプランへ変更

14年間使っていたロリポップのライトプラン(月額250円)からスタンダードプランへランクアップしてみました。

PHPの良いところは難しいと思われていること

PHPの良いところは難しいと思われていること

PHPって人が思っているほど難しくなく、便利でいろいろな面白いものを作れるプログラミング言語です。

本をめくるJqueryライブラリ bookblock

本をめくるJqueryライブラリ bookblock

本をめくるようなモーションを実現するbookblock.jsを改造してレスポンシブ対応にしてみました。

高さを簡単に揃えるjquery-match-height.js

高さを簡単に揃えるjquery-match-height.js

簡単に要素の高さを揃える「jquery-match-height.js実際の使用例をわかりやすく画像付きで解説しています。

ブログアクセスランキング

新着記事

カテゴリリスト

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
40歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップのレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

WEB制作関連・オススメ商品 amazon