ロリポップのレンタルサーバーのプラン比較と選び方

ロリポップのレンタルサーバーのプラン比較と選び方

【2024年4月更新】ロリポップの最適プランの選び方

#150 ロリポッププラン比較

WEB制作

ロリポップのレンタルサーバーを使い続けて17年。 ライトプランから始まりスタンダードプラン、ハイスピードプランとプランアップを重ねてきた私が、ロリポップのどのプランを選べばよいかをレビュー&解説しました! ぜひ最適なプランを見つけてください

公開日:
最終更新日:

商品リンクにアフィリエイト広告を利用しています

サイトマップサイトマップ

ロリポップサーバー使用歴21年の私がぴったりのプランを解説します

レンタルサーバーのロリポップを2003年から使い続けて21年。
WEB制作を仕事にし、色々なレンタルサーバーを使ってきました。

個人的にロリポップのレンタルサーバーを使い続け、ライトプランから始まり、スタンダードプランからハイスピードプランまで、3つのプランを渡り歩いた私が、どのプランを選ぶのが良いのかを、体験談とレビューを交えて解説します!

ロリポップのサーバープランがバージョンアップしたので、2024年4月現在に併せて記事内容を修正しました!

ロリポップ お支払い履歴
2003年~現在までの支払い履歴

レンタルサーバーを使ってサイトを作る人と言うのは、多かれ少なかれ、サイトの収益化を念頭に置いているという偏見のもと話を進めていきます。

レンタルサーバーの比較検討でお悩みのかたに参考になれば幸いです。
ここに書かれているレビューはすべて私の体験談で、主観によって書かれています。

私の現在の契約プランはハイスピードプランの36ヵ月契約(2回目の更新)です。

ロリポップのプラン 各プランの違い 比較

ロリポップサーバーで使えるプランの違いから確認をしましょう。

2020年8月にロリポップが「爆速宣言」という名のもとに料金を据え置き、又は値下げして、サーバースペックを大幅にパワーアップしました。

その後、2024年2月15日に「コスパNo.1宣言」と銘打って、全てのプランでサーバースペックがパワーアップ。

プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード エンタープライズ
初期費用 0円
月額料金 99円 220円 440円 550円 2200円
容量 120GB 350GB 450GB 500GB 1.2TB
DB なし 50個 100個 無制限 無制限
転送量(日) 無制限
PHP CGI CGI
モジュール
CGI
モジュール
Light Speed Light Speed
SSH なし なし あり あり あり
cron 1
(5分間隔)
5
(5分間隔)
10
(1分間隔)
10
(1分間隔)
10
(1分間隔)
サーバー Apache Apache Apache Light Speed Light Speed
電話サポート なし なし あり あり あり
ドメインずっと無料 対象外 対象外 対象外 2個 2個

※月額料金は複数月契約時の最安値を表記しています(税込) 2024年4月現在

※2024年にサーバースペックがさらに強化!

ロリポップのサーバープランは全5種類

ロリポップのプランは全部で5種類あります。
この中のエコノミーはデータベースが使えず、ワードプレスなどの利用もできないため、これは除外します。

エンタープライズプランは、ハイスピードプランの上位モデルなんですが、これも使ったことがないのと、個人向けにはオーバースペックな感じがあるので、私が使ったことのあるライトプラン、スタンダードプラン、ハイスピードプランに絞って解説したいと思います。

結論から言うとオススメプランはこの2つ

私のオススメはハイスピードプランの一択なんですが、サーバーを利用する状況や環境に応じて最適なプランを選ぶのが良いと思います。

ロリポップサーバー オススメプラン

サーバーのプランは、上位プランになるほどサーバーのスペックやできることが増えていきます。それに併せて月額費用も高くなるわけです。

そのため、サイトの収益化がまだできていない、これから始めるという方は費用が抑えられるライトプランがオススメ。

逆に、ハイスピードプランの月額費用がさほど負担にならない方にはハイスピードプランがオススメです。
月額費用で考えるとハイスピードプランの方が高いですが、コスパという面ではハイスピードプランの方が優れています。

この2つの間にあるスタンダードプランは、正直、これを選ぶ理由があまりありません
ライトプランのスペックが上がったおかげでライトプランでよくね?という感じになっています。

ライトプラン
BLOG・サイト運用をこれから始める人
月額費用が安く固定費を抑えたい人向け
ハイスピードプラン
表示速度や安定性を求める方
スペックと価格で考えるとコスパが良い

ロリポップサーバーの共通の特長

プランの違いを見る前に、ロリポップのレンタルサーバーに共通で備わっている基本性能を確認しておきます。

ロリポップのサーバーの特長
ライトプラン以上

  1. 初期費用無料
  2. マルチドメイン対応
  3. データベース複数利用可能
  4. 転送量無制限
  5. 大容量高速SSDストレージ
  6. アクセラレータ装備
  7. 簡単インストール
  8. 無料独自SSL

2024年の「コスパNo.1宣言」の前までは、ライトプランとスタンダードプランに機能の違いがあったのですが、このスペックアップによってスタンダードプランの存在価値が薄れました。

変更前のライトプランの場合、マルチドメインは非対応でデータベースは1個までだったので、ワードプレスを使って複数のサイト運用をする場合、スタンダードプランをオススメしていましたが、ライトプランで事足りる状況になっています。

ライトプラン以上でできることと特長の解説

ロリポップのライトプラン以上でできることを簡単にまとめて紹介します。

先述した通り、マルチドメインに対応しており、データベースを複数持てるので、ワードプレス等のCMSを利用して複数のサイト運用が可能です。

ワードプレスのインストールも簡単インストール機能で簡単にインストールできます。

転送量も無制限なので、アクセス数が増えてもサーバーが制限を受けることがありません。

転送量とは

転送量とはサーバーから閲覧者にデータ(テキストや画像)を送る際のデータ合計量です。
ロリポップは基本的にすべてのプランで転送量無制限です。サイトへのアクセス数が増えても、アクセス数が制限されるような心配はありません。

ロリポップ公式サイトからの引用

独自SSLも無料で利用可能なので、httpsの暗号化されたWEBサイトの設定がクリック1つで完了します。

さらに、ライトプランのサーバー容量は350GB、ハイスピードプランでは500GBという大容量で、通常のサイト運用では容量不足になる心配もありません。
ストレージも高速のSSDが利用されているのでHDDよりも高速表示ができます。

加えてロリポップアクセラレータを利用することで、更なる高速表示が可能になります。

ロリポップ!アクセラレータの仕組み

お客様のウェブサイトの表示内容を、「キャッシュサーバー」に一時的に記録(キャッシュ)し、同じウェブサイトにアクセスがあった場合、キャッシュサーバーから応答します。お客様へ提供している同環境におけるテストでは、WordPressで制作されたサイトで【24倍】(※)のパフォーマンス改善がみられました。
※ 一秒間あたりに処理できるHTTPリクエスト数。簡単インストール機能を利用し、WordPress4.9.4をインストールした直後のサイトで比較。

ロリポップ公式サイトからの引用

ここで紹介したものが全てライトプラン以上には含まれています!

サーバー共通の機能をざっと説明したので、プランごとの違いを紹介していきます。

ロリポップ ライトプランがオススメな人はこんな人

まだサイト持っていなくて、これからブログなりサイトを作りたいと思っている初心者の方、まだまだ立ち上げたばかりでアクセスがそんなにない方は、まずはライトプランがオススメです。

ロリポップ ライトプランの特徴
月額料金 容量 DB 転送量 PHP サーバー
220円 350GB 50個 無制限 CGI
モジュール
Apache

WEBサイトを立ち上げた直後の状況を考える

サイトを立ち上げた直後というのは、ページ数も少なく、アクセス数も集まりにくい状況です。
ブログでお小遣いを稼ごうと思っても、人が集まらないと収益化というのは難しい状況です。

サーバーの月額費用というのは、収益化ができていようができていまいが、固定でかかってきますので、収益化しようと頑張ってサイトを作って運営しているのに、稼げるどころかサーバー費用で赤字になると、精神的に結構キツイ状況が生まれます。

年間費用でいうと220円×12か月で2,640円になります。(36カ月契約時の月額換算)

初心者の収益目標
具体的な収益目標があるほうがやりがいが生まれます

サイト収益がライトプランを超えるようになるまでは、ライトプランが良いですね。

ライトプランのサーバースペックについて

私はこのライトプランを14年間くらい使っていました。
別にライトプランでも困ってなくてゆるゆるとサイト運用をしていました。

PHPもデータベースもつかえるので、ワードプレスなどのCMSツールも使えます。

表示速度もそこまで遅いわけではなく、当時と今とではSEOの状況も違いますが、SEOの順位もキーワードによっては1位のワードも多々ありました。

サイトを運用して収益化を図る、という点ではとくに問題はありません。
ライトプランで稼げない人が、サーバーのプランをあげても稼げるようになるということもないでしょう。

ライトプランの表示速度は遅いのか

サイトの表示速度の遅い早いを何で判断するかによりますが、プログラムもデータベースも使わず、文字だけのサイトを表示させると、ライトプランでもハイスピードプランでも多分、そこまで差はでません。(多分だけど)

サーバー側に演算処理をさせるものがなければ、そこまで違いはでないんじゃないかという仮説です。

速度差がどこででるかというと、PHPサーバーサイドプログラムを処理して、データベースから情報を受け取る処理に、サーバーのマシンのスペックが影響します。

サーバーといっても個人のパソコンと同じ仕組みで動いているのでマシンスペックが早いほうが処理速度が速いと。

こういった他サーバーのスペックや上位プランと比較すると、ライトプランは遅いですね。その分安いわけです。
遅いといっても表示に支障がでるほど遅いわけではないので、普通にサイト運用する上では大きな問題はありません。

初心者の収益目標
ハイスピードプランの方が早いのこの理由

ただ、上位プランの方が早いのは事実ですね。

ロリポップ ハイスピードプランがオススメなのはこんな人

3つのプランの中で、表示速度を売りにしているハイスピードプラン!

ロリポップ ハイスピードプランの特徴
月額料金 容量 DB 転送量 PHP サーバー
550円 500GB 無制限 無制限 Light Speed Light Speed

このプランはサイトの表示速度の高みを目指している人向けのプランがハイスピードプランです。

単月契約時の月額料金は1,320円と4桁になりますが、ロリポップのプランリニューアル後、36ヵ月以上の契約で月額料金が550円に変更されました!

複数月契約をすることで月額550円とスタンダードプラン+110円で利用することができます。

1ヵ月だと1320円、6か月だと990円、24ヵ月だと770円、となっています。

私が現在使っているのはこのプランになります。

ハイスピードプランの特徴

ハイスピードプランより上のプランになるとサーバーの仕様が大きく変わります。
WEBサーバーがApacheからLiteSpeedになり、高速化と安定性が大幅にパワーアップ。

LiteSpeedとは

WordPressなど様々なCMSとの相性を重視した、第4世代のWebサーバー。高速化・高負荷時の安定性に優れています。WordPressの速度は、ApacheのWebサーバーと比較すると84倍の性能です。

ロリポップ公式サイトからの引用

ワードプレスなどのCMSを利用している方には非常に恩恵の大きいプランになっています。

さらにワードプレスより高速化させるプラグイン「LiteSpeed Cache」を標準装備。
ワードプレスを使ってサイトを運用するならハイスピードプランが最適なプランになっています。

ワードプレスを使うならハイスピードプランがオススメ
Wordpressを使うならハイスピードプランがオススメ

最近のWEBサイト運用やブログ構築はワードプレスを使って作るのが主流になっていると思うので、ハイスピードプランがかなり魅力的なプランになりますね。

ハイスピードプランの表示速度について

この表示速度はGoogleのスピードテストのスコアよりも体感のUPの方が感じられます。
プランアップして、プラン変更になるまでタイムラグがあったんですが、あ、これはプラン変わったな、と実感できました。

サイト内リンクの画面遷移の速度が、秒に直すと0.1~0.2秒くらいの差だとは思うんですが、「パッ」と切り替わるのが実感できます。

スピードインサイトのスコアも改善しました

ハイスピードプランに変更したおかげで改善したのかどうかの因果関係はハッキリしないのですが、満足いくスコアを出せました。

ページスピードインサイト PC結果
スピードインサイト PC結果
ページスピードインサイト モバイル結果
スピードインサイト モバイル結果

Googleのアドセント広告の遅延読み込みを合わせて行ったので、スコア的にはそっちの方が影響度は大きそうです。
なにをやったかの詳細ははまた別の記事で書きたいと思います。

サイトの作り方を工夫すれば、スピードテストで100点または90点以上の緑のスコアを獲得することができます。

ここまで、プランやサーバースペックの話をしてきました。
次にサーバーの仕様以外の面に目を向けて、どのプランがベストが解説します。

ロリポップのサーバーを
オトクに利用する
3つのポイント

  1. 長期契約で月額費用を抑える
  2. キャンペーンを利用する
  3. ドメイン契約を同時に行う

サーバーの仕様も大事ですが、契約期間やキャンペーン活用で大きくコストに差が出ます。

ロリポップサーバーの契約期間は長期契約がオススメ

3つのプランを比較しましたが、ここで紹介している月額料金というのは、長期契約による最安値で契約した時の月額料金になっています。

最低契約期間の1ヵ月だと若干割高な料金になり、契約期間が長くなるほど割引率が上がり、36ヵ月契約で最安値になります。(2024年4月現在の情報です)

契約期間 ライト スタンダード ハイスピード
1ヵ月 550円 1,100円 1,430円
3カ月 495円 1,045円 1,320円
6ヵ月 462円 935円 1,210円
12ヵ月 418円 770円 990円
24ヵ月 352円 605円 935円
36ヵ月 220円 440円 550円

36ヵ月間(3年)は長い、と思われるかもしれませんが、ブログなりサイト運用で稼ごうと思ったら短期間で稼げるのは相当難しいですし、稼げてたらすぐにやめるわけでもないので、どっちにしろ長期間の契約になるわけです。
1ヵ月ずつ更新するよりも、まとめて契約した方がオトクになります。

例えばライトプランを1ヵ月契約で36回更新(36ヵ月分)すると、550円×36回 = 19,800円
36ヵ月契約だと 220円×36回 = 7,920円 とその差12,480円と2.5倍の金額になります。

長く使えば使うほどその差損は広がっていきます。
長期契約のメリットがかなり大きいので、長く続ける覚悟があるとよりオトクに利用することが可能です!

契約期間が残っててもプランアップは可能

長期契約のリスクとしては、別のプランにプランアップしたいときにどうなるの?となりますが、プランアップと現状のプランとの残存月数の差額を支払えば契約途中でもプランアップは可能です。

プランダウンは次回契約更新時に可能

プランダウンの場合は、次回契約更新時に変更が可能になります。
但し、使用状況によってはプランダウンができない場合もあります。

※契約変更に関しては条件変更がされている場合もありますので、最新情報を公式サイトでご確認ください

ロリポップサーバーは途中解約したら返金されるの? されません

長期契約の一番のリスクはこの「途中解約時の返金なし」これにつきますね。
契約期間が残っていても未使用分の料金は返金されません。

これはしょうがないと思うので、契約期間満了を待ってから解約するのが上策ですね。

キャンペーンを活用してオトクに契約

新規契約時 + 諸条件をクリアすることでドメイン費用がずっと無料で使えるオトクなサービスがロリポップにはあります。

ドメインずーっと無料
ドメイン費用がずっと無料になる制度

ドメイン費用は普通に契約すると毎年かかってくる費用なので、サイト運用を長期で行う場合、非常にインパクトの大きなサービスです。

私が契約した時には、こんなオトクなサービスなかったので、悔しさで枕を濡らす日々を過ごしています。

start-point.netのドメイン更新費用
通常のドメイン費用は毎年発生します

2024年の契約更新時にはドメイン費用が1,981円発生しています。これが無料になると。
20年前の2005年当時は808円だったものが2024年には1,981円と倍以上のお値段になっていますね。

しかもこの制度、2023年8月にアップデートされて、ずっと無料で使えるドメインが最大2個にアップデートされています。

ドメインずっと無料の適用条件

このどう考えてもオトクな「ドメインずっと無料」には適用条件があります。

ドメインずっと無料適用条件

『ムームードメイン』の対象ドメインと、『ロリポップ!』のレンタルサーバーの両方を新規でご契約いただく場合、レンタルサーバーをご契約中はドメインを無料でご利用いただける『ドメインずっと無料』の提供を開始しました。

ロリポップ!レンタルサーバーにて、以下条件をすべて満たしている必要があります。

  • ハイスピード、エンタープライズのいずれかのプランでのご契約
  • 12か月以上の契約期間でのご契約
  • 12か月以上の自動更新の設定

<2個目のドメイン> 上記と合わせて、「1個目のずっと無料ドメインを既に取得している」ことが条件となります。

※2024年4月現在の条件 公式サイトより引用

一番のネックはプランが「ハイスピードプラン以上」という点になりますね。
初心者の方にはちょっと敷居が高いかもしれませんが、サーバーの月額費用がさほど負担でないのならハイスピードプランで12ヵ月以上の契約がオススメです。

また、ドメイン取得はムームードメインで新規取得する必要があります。

ロリポップサーバー最適なプラン選択のまとめ

スペックからオトクに契約するポイントなどを紹介してきましたが、総合的に考えて一番お得なプランは「ハイスピードプランの36ヵ月契約」であると思います。

とはいえ、これはコストメリットの面で、という注釈が入りますので、月額費用が負担に感じる場合、ライトプランでも良いと思います。

冒頭に私の支払い履歴を掲載しておりますが、月額費用は毎月払いではなく、契約時に契約期間に応じた一括払いになっている点もご留意ください。

ロリポップ プランの選び方まとめ

  1. ハイスピードプランの36ヵ月契約が一番コスパがいい
  2. ドメイン無料も併せて活用する
  3. 月額費用が負担に感じる場合はライトプランから

個人的には、副業でWEBサイトを作ろうというのであれば、3年は続けるという気持ちと、身銭を切って19,800円(ハイスピードプランの36ヵ月分)を先行投資するほうが、色々と得るものは多いと思います。

サーバー代を回収するというモチベーションは大きいですし、ライトプランで小さく始めるよりも良い条件(費用面とサーバースペックの面で)でスタートできます。

サイト運用の成功の秘訣は「長く続けること」です。
幸いなことにサーバー費用は長期契約ほど割引率が高くなりますので、本気で始めるなら月々550円(ランチ1食分程度)の費用を、何倍も回収できるサイトを作り上げましょう!

ロリポッププラン比較の関連ページ

ロリポップサーバー

初めてのレンタルサーバーならライトプランがオススメ

ロリポップのライトプランを14年間ずっと使っていました。 月額料金が安くて特に困ったこともなかったのでオススメです!

ハイスピードプラン

ロリポップ ハイスピードプランを半年使ってみた感想とレビュー

ロリポップのハイスピードプランを使って約半年。 気づいた事やオススメポイントをスタンダードプランと比較して記事にしました

ロリポップサーバー設定

ロリポップサーバーを契約したらやっておきたい5つの設定

ロリポップサーバーのアクセラレーターの設定方法やPHPのバージョン変更などの簡単にできるサーバ設定5つを解説!

ロリポップサーバーの安定感

急なアクセス増加でも抜群の安定感 ロリポップハイスピードプラン

ロリポップハイスピードプランは価格も安く、表示速度も速い。 しかもアクセス耐性も高いとなるとほんと選んでよかったと思います

WEB表示高速化

WEB高速化のためのPHP&MySQL改善とサーバーのプランアップ

WEBサイトの高速表示をするために、サイトで使っているサーバー、PHPプログラム、SQLの書き方、画像の縮小をしました。

WEB表示速度高速化

WEBページ表示速度改善のためにやった7つ以上の施策

WEB表示速度は速いほうがページの離脱防止やユーザーの満足度向上につながるというわけで、大きいことから小さいことまでやりました

OGP設定

OGP設定をしてSNSからの流入とCTRを改善する

シェアするとき、シェアしてもらうときに最適な形で紹介したいとなるとOGP設定をしっかり設定することが重要です

GA4カスタムイベント

GA4 GTMを使ったカスタムイベントの設定方法

GA4のカスタムイベントをGTMを使い設定する方法です。 イベント、パラメータ、カスタムディメンションの解説記事です。

リンク構造

ブログのアクセスアップに欠かせないSEO的リンク構造の考え方

SEOのリンク構造を効果的に作るための情報をまとめました。 可能な限り情報の出どころのリンクも用意しております。

SEO titleとh

SEOで重要なtitleタグとhタグの使い方

SEOの内部構造の基本であるTitleタグとHタグの使い方と自分の考えを書きました。 基本だからこそ重要な要素

カノニカルとリダイレクト

SEOの必須項目 カノニカル設定とリダイレクト設定

URLの正規化というややこしい話なんですが、SEO上正規化をしておくことは必須項目というべき大事な設定です

SEOキーワード選定

SEO キーワード選定の方法を考察してみた

SEOは結構頑張っていますが、キーワード選定という手法をあまり深く考えたことがなかったので深く考えてみました。

GTM イベントトラッキング

GTMを使ってイベント計測を簡単に行う方法

グーグルタグマネージャーを使ってイベントトラッキングを計測する方法の手順を解説。何がクリックされたかを知ることは大事です

Googleアップデート対策

Googleコアアップデートで順位が下がったときにやるべきこと

Googleのアルゴリズム変更によるGoogleコアアップデートでSERPsの順位変動が起きたときにやったこと

構造化データとパンくずリスト

構造化データで作るパンくずリストとSEO

SEO上必須ともいえる構造化データ化されたパンくずリストの解説と、ユーザー目線で考えるパンくずリストの価値について

GTMの導入

グーグルタグマネージャーの導入手順とメリットについて

Google Tag Manager 通称「GTM」と呼ばれる無料で使えるタグを管理するツールの説明と導入手順の解説

CPC改善策

アドセンスのアクティブビュー視認可能率をUPさせたらCPC改善

Google Adsenseの収益最大化施策として、CPCの改善に取り組みました。 CPCの大幅改善に成功!やったぜ!

アドセンスの収益構造

アドセンス広告の収益最大化のために収益構造を考える

Googleアドセンス広告の収益化を逆算して考えて、KPIを洗い出し、何をすれば良いかを設計しました。

レポート活用

アドセンスの4つのレポートを活用して効果測定

アドセンスの管理画面から使えるレポート画面をカスタマイズしたり、効果測定に使えるように広告ユニットを設定したりする方法!

クリック率改善

アドセンスのCTRをUPさせる方法とクリック率の高い広告種類

Googleアドセンスのクリック率の一番高い広告はモバイル全画面広告でした。 他にも効果の高い掲載位置などを解説

SNSでこの記事をシェアできます

ブログ デイリーアクセスランキング

MusicBeeのレイアウト変更方法
1位

MusicBeeのレイアウト変更方法

MusicBee 3.1のレイアウトをデフォルトの状態から、自分好みのレイアウト設定に変更する方法を写真付きで紹介しています。

spigen車用スマホホルダー
2位

spigen車用スマホホルダー

接着面が取れずに6年間使い続けた車用スマホホルダー「Spigen」が壊れたので同じものを買いました!

108cmの机上台
3位

108cmの机上台

FENGEの108cm 2段式の机上台レビュー! 横幅が広く収納力抜群でデザイン性もいいので非常に満足しています!

ゲーム理論
4位

ゲーム理論

ゲーム理論と言われるとTVゲーム攻略のための基礎知識、のような印象を受けますが全然違います、ゲームの攻略という点では近い。

車用スマホホルダー
5位

車用スマホホルダー

スマホをカーナビとして使うと熱さで充電ができなくなるので、熱対策と1年間使って外れることがなかったスマホホルダーの紹介。

ノートPCスタンド
6位

ノートPCスタンド

ノートパソコンを横にしまうと結構な専有面積があるのですが、立てて収納できればわずか数cmで使えるので本当に快適です!

20170103
7位

20170103

2017年1月3日。今年の連休はもう終わってしまう。そんなもの悲しい夜に思ったことをだらだらと書いてみました。

α7Ⅲ 夜桜撮影
8位

α7Ⅲ 夜桜撮影

α7Ⅲを片手に東京の夜桜スポットに行ってきました。中目黒と千鳥ヶ淵の夜桜を紹介しながらα7Ⅲのレビューです。

イバライド
9位

イバライド

茨城県稲敷市にある「イバライド」に行きました。無料WEBクーポンで入園無料!イバライドの様子を写真付きでレポートします。

CPC改善策
10位

CPC改善策

Google Adsenseの収益最大化施策として、CPCの改善に取り組みました。 CPCの大幅改善に成功!やったぜ!

カテゴリ一覧

オススメ商品レビュー

オススメ商品レビュー

世の中にある比較サイトや、いかがでしたか系サイトが嫌いなんです。使ってないのにえらそうなこと言うなと。なので体験談です。

WEB制作

WEB制作

WEBサイトを作れますと一言に言っても色々な技術があるわけですよ。アウトプットの形は一緒でもいろいろこだわりがあるんです。

カメラ

カメラ

2018年4月に購入したソニーのミラーレス一眼「α7Ⅲ」に関連する記事一覧ページです。 作例集やカメラグッズレビューなど。

美味しいもの

美味しいもの

食に関してはあまりこだわりがないんですけどね、こだわりがない分美味しいと思ったものは本当においしいと思ったものなんですよ

Amazonプライム動画

Amazonプライム動画

Amazonプライム会員なら無料で利用できるAmazonプライム動画から、いろいろな動画をみたレビュー記事のまとめページ

旅LOG

旅LOG

家族旅行やおでかけした際の旅ブログです。夏休みの家族旅行(4人家族)で訪れた観光名所の感想などを記しています。

プロフィール

プロフィール

Start-Point.netの管理人のプロフィール紹介を兼ねた、自分の中のルールや決め事やエピソードなでお書いていきます

日記

日記

日記と言っても色々な日記があるわけで、記録的な日記や心理描写を色濃く描いた日記などをまとめたページです。

thanks

thanks

自分を表現することって意外と難しいんですよね。照れがあったり、間違ったこといってないかとよくわからない何かと戦ったりして。

マネーリテラシー

マネーリテラシー

お金や税金、資産形成に関する情報や体験談をブログでお伝え!

レンタルサーバーならロリポップがオススメ!
10日間の無料体験はコチラ