Googleアップデートで順位が下がって徐々に戻ってきた途中経過

Googleのアルゴリズム変更によるGoogleコアアップデートでSERPsの順位変動が起きたときにやったこと

Googleコアアップデートで順位が下がったときにやるべきこと

Googleアップデート対策 WEB制作

Googleのコアアップデートによって、順位変動がおきてPVが激減した時にやったことを書きました。ピーク時と比べてまだまだ復活していませんが、少しずつPVが戻ってきたので、なにをやったかをお伝えします。PV減少したときの参考になれば幸いです

公開日:
最終更新日:

Googleアップデート対策 関連ワード #139 #Googleコアアップデート対策
SEO
アクセスアップ
  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0

Google コアアップデートで順位が下がったときやるべきこと

2020年5月4日にGoogleの検索エンジンのアルゴリズムがアップデートされたとアナウンスがありました。
アルゴリズムの変更はちょこちょこ起きるので、さして珍しくはないわけですが、今回はその影響範囲が大きく話題になっています。

私のサイトは幸い、今のところマイナス方向の変動は見受けられないので、ちょっと安心しているんですが、過去のアップデートでものすごく影響を受けました。
そのときに何が起きて、何をしたかを書いておきます。

2019年3月のコアアップデートで大幅な順位変動が発生

このサイトをアナリティクスで計測始めてから、約11年、一度もアップデートで大幅な下落になったことがなかったのですが、2019年の3月で初めて大変動を体験しました。

アップデートはいろいろあったわけですが、ペンギンとか、パンダとか、ハミングバードとか、スピードアップデートとかとか。
対して影響なかったんですよね。

どれくらいPVが動いたかと言うと以下の図の通り。

アクセス数の推移

アップデート前後のPV推移

ピーク時に比べて、30%まで減少しました。

アップデート直後はそのうち戻るだろうと、根拠のない自信から放置してたんですけどね、戻るどころか右肩下がりで下がっていったわけですね。

未だにその時のPVには戻っていません。

自分が経験したことを元に言うと

アルゴリズムの変更による順位変動は、今までの価値がガラリと変わるので、アップデート前にもどることはほぼありません。
局所的に順位が戻ることはあっても、まったく同じ評価基準になることはありません。残念ながら。

そこで絶望するよりも、順位を上げるためになにをすれば良いかを考えるのが一番だと思います。

どん底まで下がってから、じわじわ上がってきたので、私が行った改善点を紹介させていただきます。

Googleコアアップデート後にやったこと

アップデート直後は触らない方がいいと言われていたので、静観してたんですが、流石にこりゃもう戻らないなとあきらめて、サイト全体の見直しをしました。
2019年の11月にリニューアルしたんですが、そこからは大分持ち直してきてますね、データ上は。

リニューアルで、ユーザーファーストなサイトを作るべく気になっていたところを徹底的に直しました。

表示速度の改善

ページの表示速度にたいして、Googleがいろいろ言っていたのを受けて、本格的にこちらを修正しました。
これを実行するためにリニューアルしたんです。

具体的になにやったかはこちらの記事にまとめてあります。

簡単に言うと、
Jqueryの全ページ呼び出し削除
Bootstrap廃止
画像の遅延読み込み(Lazy Load)の導入
CMSのシステム再構築
CSSの最適化
画像の圧縮、コードの圧縮
htaccessによるキャッシュ強化

表示速度以外にもサイトのカテゴリーの再構築を行いました。

この辺をやりました。

リニューアルしたらPVあがらんかなぁと思ってましたけど、直後は下がりましたよね。
カテゴリーを作り直したので、URLが変更になり、ちょこちょこエラーなんかも出しながらやってたのでむしろ減りましたよ。

Twitterを本格的に始める

次にやったのがTwitterを利用すること。

Google以外の流入経路を強化したいなぁと思って、アカウントは作ってたけどほぼ放置していたTwitterの運用を始めました。

Twitterからの流入推移

Twitterからの流入PV数

運用と言うか、Twitterでつぶやいてフォロワーさんと楽しく過ごしてるだけなんですけど、人とのつながりができたので、Twitter経由での流入は増えました。

サイト回遊率をUPさせてPVを増やす

大きな変更は上の二つで、その後、流入したユーザーに色々なページを見てもらえるように色々と改善しました。

PVを増やすのであれば、新規流入 + 回遊率改善(直帰率改善)で増加しますからね。

具体的に何をやったかというと、レコメンドの出し方の変更と、タグの付け方を変更しました。

オススメコンテンツの表示を増やした

あんまり出しすぎるのもどうかとも思うんですけど、色々出すようにしてみました。

同一カテゴリにいるコンテンツを表示して、個人的に関連性が強いコンテンツグループを作成し、それを指定して出す。

レコメンドツール

自作のレコメンド生成ツール

AI学習とかできればいいんですけどね、そんな技術は持ち合わせていないのでアナログな手法で、やっとります。

加えて、Google アドセンスの関連コンテンツの表示広告を導入しました。

タグの出し方を変更

今までタグを適当につけていて、タグによっては1つのページしか表示されないタグもありました。

タグのリンクボタン

以外とクリックされているタグ

アナリティクスを見てみると、タグをクリックして関連コンテンツを表示するページが意外とアクセスがあるんですよね。

これをクリックしてくれるユーザーはタグに関連したコンテンツをみたいユーザーなはずなので、ここに表示させるページをちゃんと考えるようにしました。

結果 直帰率が下がりページ/セッションが増加

このへんの改善を積み重ねていったところ、リニューアル前後で以下の数値が改善しました。

回遊率のKPI

回遊率が改善されて一人当たりのPV数が増加

1ユーザー(セッション)あたりのPV数が増えることで、流入者からのPV数を増やし、滞在時間を増やし、直帰率を下げることができたと。

SEO的にこの指標を見ている派と、見ていない派があるんですが、個人的にはそんなに影響はないけど、ちょっとは影響してるんじゃない、くらいに捉えてます。

ここの指標に対するGoogleの公式見解をみたことがないので、SEOに影響があるかはわかりませんが、PV的には間違いなくプラスになります。

アップデートで順位が下がった時にやるべきこと

まだ100%の改善ができていないので、説得力に欠けるところはあるんですが、やるべきことは自分のサイトを見直して、改善すべき点はないか?
これが一番重要だと思います。

Googleアップデートがあろうがなかろうがやるべきことなんですけどね、きっかけとして順位変動っていうのは大きいですよね。

アルゴリズムの変更したあとはあまりいじらない方がいいと言われますが、絶対にやったほうがいい項目はあるので、改善ポイントを自覚しているのであれば色々と目を向けるのはありだと思います。

ユーザーの満足度をあげることで、サーチエンジンじゃなくて見に来てくれた方の再来訪を促す。

2020年中にピークの半分までには復活させたいと思います。

アップデート後にあまりやらないほうがいいこと

ページの削除、URLの変更、ページの合併など、URLの物理的な変更。

この辺はリスクが高い上に、それをやることでプラスになるとは限らないので極力避けたほうがいいんじゃないかと思います。

URL変更をすると、htaccessを使って消滅したページの扱い方を変更しないとエラーのもとになりますので、そういったリスクと、URL変更によるSEOスコアの変更に時間がかかり、逆にPVが減ってしまうこともあります。

2020年5月のGoogleコアアップデートの私見

今回のアップデートの影響が個人のブログサイトに対してマイナス評価がつくことが多く、大手企業のページの上位占有率が上がりました。

特にEC系のアフィリエイトブロガーさんや、レビューサイトに対して順位下落が顕著にみられました。

Googleの優先順位が、サイトの専門性に向かっているんじゃないかと個人的には思っています。
YMYL領域(Your Money or Your Life:将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ)で個人ブログが上位表示させることは多分もうないと思う。

その他の商標系ワードや単一BIGワードの上位表示もかなり困難になったんじゃないかと思われます。

広義でのサイトテーマとそれに沿った記事ページやコンテンツに対しては、上昇傾向が私のサイトでは見受けられました。
単一ワードは微減傾向。

アップデートで順位が落ちたサイトと上がった・変わらなかったサイトの違い

これは、正直、運ですよね。

掲載順位決定のアルゴリズムが公開されていない上に、アルゴリズムは1つじゃなくてめちゃくちゃたくさんある評価基準を参考に、プログラムが算出した順位なので、原因はいまのところわかりません。

アルゴリズムの傾向があるので、SEOを攻略しようとする人は、その傾向に合わせてサイトを上位表示に寄せていくことをやりますが、これをやると毎回アップデートが起きるたびに変更を受けやすくなるんじゃないかと思います。

Googleに合わせるよりも、人にフォーカスして最適化していくほうが、長期的に上位表示がされやすいサイトになりやすいと、個人的には思ってます。

まだ変動後の日が浅いので、傾向と対策がつかみ切れていませんが、この辺を意識して今後のサイト運用に生かしていきたいと思います。

  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0
はてなブックマーク

おもしろかったらぜひ、はてなブックマークをお願いいたします。

次の記事はこちら

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
39歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップのレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

SEO 関連記事はこちら すべての WEB制作 記事はこちら

構造化データで作るパンくずリストとSEO

構造化データで作るパンくずリストとSEO

SEO上必須ともいえる構造化データ化されたパンくずリストの解説と、ユーザー目線で考えるパンくずリストの価値について

ブログのアクセスアップに欠かせないSEO的リンク構造の考え方

ブログのアクセスアップに欠かせないSEO的リンク構造の考え方

SEOのリンク構造を効果的に作るための情報をまとめました。 可能な限り情報の出どころのリンクも用意しております。

SEO キーワード選定の方法を考察してみた

SEO キーワード選定の方法を考察してみた

SEOは結構頑張っていますが、キーワード選定という手法をあまり深く考えたことがなかったので深く考えてみました。

GTMを使ってイベント計測を簡単に行う方法

GTMを使ってイベント計測を簡単に行う方法

グーグルタグマネージャーを使ってイベントトラッキングを計測する方法の手順を解説。何がクリックされたかを知ることは大事です

SEOで重要なtitleタグとhタグの使い方

SEOで重要なtitleタグとhタグの使い方

SEOの内部構造の基本であるTitleタグとHタグの使い方と自分の考えを書きました。 基本だからこそ重要な要素

OGP設定をしてSNSからの流入とCTRを改善する

OGP設定をしてSNSからの流入とCTRを改善する

シェアするとき、シェアしてもらうときに最適な形で紹介したいとなるとOGP設定をしっかり設定することが重要です

SEOの必須項目 カノニカル設定とリダイレクト設定

SEOの必須項目 カノニカル設定とリダイレクト設定

URLの正規化というややこしい話なんですが、SEO上正規化をしておくことは必須項目というべき大事な設定です

ブログアクセスランキング

新着記事

カテゴリリスト

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
39歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップのレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

WEB制作関連・オススメ商品 amazon