ハクバの防湿庫KED-60を購入したのでレビューします!

ハクバの防湿庫KED-60をアマゾンで購入しました!ドライユニットは乾燥剤方式で60Lの容量の防湿庫です。

ハクバの防湿庫KED-60を購入したのでレビューします!
  • カメラグッズ > ハクバ 防湿庫
  • ハクバの防湿庫KED-60の購入レビュー!これで梅雨も怖くない!

  • 梅雨入りを間近に控えた2018年4月30日にハクバの防湿庫KED-60を購入しました! ドライユニットは乾燥剤方式で60Lの容量の防湿庫です。 防湿庫もサイズ感や設置場所、組み立て方などを写真をたっぷり使ってレビューしています!

  • LAST UP DATE:
  • ハクバ防湿庫梅雨保管レビュー感想防カビ剤カメラ保管カメラ座布団

梅雨入りシーズンに備えてハクバのカメラ用防湿庫を購入したのでレビューします!

カメラってカビが大敵なんですよ。日本は高温多湿でカビが生えやすい環境なので、カメラの保管場所に気をつけないとカビが生えてしまうこともあるそうです。バックに入れっぱなしとかは絶対にやめたほうがいいです。

今まではドライボックスというプラスチックのケースにシリカゲルを入れて保管してたんですが、ソニーのα7Ⅲはサイズが大きいのでドライボックスでは窮屈になりました。

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 防湿庫 カメラ保管 8L ホワイト DB-8L-W DB-8L-W
防湿庫・ドライボックス 【ナカバヤシ】

1,392円

メーカー型番: DB-8L-WAmazonで詳細を見る

密閉できて、湿度計の付いた収納ボックスです。PENTAXのQ7はサイズが小さいのでこれで問題なしでした。この箱の中にシリカゲルをいれて保管するわけです。

シリカゲル乾燥剤「なんでも除湿シリカゲル」20g×20個入り
除湿剤・乾燥剤 【坂本石灰工業所】

754円(参考価格:754円)

商品サイズ (幅×奥行×高さ) :1個あたり約90×75Amazonで詳細を見る

シリカゲルは電子レンジでチンすると繰り返し使えます。

ドライボックスはシリカゲルの管理が面倒

低価格で防カビ対策の保管庫として文句のないドライボックスなんですが、シリカゲルは一定まで湿度を吸湿するとそれ以上湿度を下げることができません。なので、シリカゲルの色が変わったらレンジでチンしてを繰り返していたんですが、気が付くと湿度系が「WET」のメモリになっていることもしばしば。多湿の密閉された箱の中って絶対やばいですよね。

ソニーのミラーレスα7Ⅲって高いじゃないですか。26万円もしたわけで、大事にしたいわけですよ。で、湿度を常に一定に保つ防湿庫を探していました。1か月くらい色々と調べてました。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K ILCE-7M3K
ミラーレス一眼 【ソニー(SONY)】

258,000円

新開発有効約2420万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー搭載Amazonで詳細を見る

最初は必要最低限の大きさでそんなに高くない防湿庫にしようと思っていたんですが、いろいろな方のレビューをみると大きさはある程度大きいほうが良いと。カメラってレンズがどんどん欲しくなるので、大きさに余裕がないと買い足したレンズを入れることができなくなるので、大き目が良いと。

防湿庫のメーカーはどれがいいのか

防湿庫を作っているメーカーはそんなに多くないので、Amazonで検索すると「トーリハン」「東洋リビング」「IDEX」「アイポー」「ハクバ」「オオイシデンキ」などがヒットします。

東洋リビングは価格は高いのですが、光触媒を使った防湿庫やオートドライシステム、日本製の電子ドライユニットを売りにしている防湿庫界のパイオニア。モノは良さそうなのですが、価格が高いのがネックで比較検討から外れました。予算に余裕があれば使ってみたいメーカーです。

IDEXはワインセラーなどを作っていたメーカーでネット販売のみにすることで中間マージンを削減し、安く提供しているメーカー。
オオイシデンキは保証期間が7年という長期保証のあるメーカーで、ハクバはカメラバックやお手入れグッズなどカメラの周辺機器を発売しているメーカーです。

どこのメーカーが良いかというのは正直良くわかりません。こだわりがなければどこでもいいんじゃないかという結論に達しました。

防湿庫の除湿機能(ドライユニット)は大きく分けて2種類あります

除湿を行うドライユニットには、「ペルチェ素子」という半導体素子を使った除湿方式と、「乾燥剤方式」の2種類があります。ペルチェ素子という聞きなれない言葉が出てきたので、軽く調べてみると、電気を加えると熱が移動する半導体があり、それを応用したのがペルチェ素子というものだそうです。

TEC1-12708 ペルチェ素子 8A 40mm×40mm
ヒートシンク 【Kaito Denshi(海渡電子)】

950円

中に水滴が入らない耐湿仕様です。各種の冷却装置に使用されています。Amazonで詳細を見る

防湿庫以外にも様々なものに利用されているようで、ペルチェ素子をAmazonで検索すると950円で売っていました。安いね。

ドライユニットとしてどちらも一長一短あるようで、ペルチェ素子は耐用年数が低めで約10年を想定、乾燥剤方式は半永久的に使用可能になっています。10年の耐用年数があれば問題ない気はしますが、精神的には半永久の乾燥剤方式のほうがいいかなと思いました。

色々防湿庫をみてて思ったこと。なんでもいいんじゃないか?

色んな防湿庫を調べて、アマゾンの欲しいものリストに追加して、どれにしようか悩んだ結果、なんかどれでもいいんじゃないかという気になりました。どの防湿庫も大体同じ形で、同じ様なデザインで、機能も基本的に変わらないんですよ。防湿庫内の除湿さえできればそれでいいわけだし。

そんな時にオオイシデンキの防湿庫がAmazonでセール価格で販売されていました。これいいなぁと大分心が動いていたんですが、設置場所をどこにしようか、大きさはどれくらいがいいのかといろいろ考えているうちに売り切れになりました。。

防湿庫 容量80L 特別数量限定セール 日本製・7年長期保証付・経産省 電気安全法試験 合格済み AD-080(ベーシック)シリーズ一眼レフ6~8台収納 AD080
防湿庫・ドライボックス 【OISHIオオイシデンキ】

セール中 33,980円(通常価格:45,980円)

【7年長期メーカー保証付き】国内規格の電気安全法(通称PSE)取得製品です。主要電気回路は、日本国内生産です。耐久性能除湿性能におきましても、安心してご使用いただけます。防湿庫(ドライキャビネット)はカメラレンズのカビ防止や保管だけでなく、スタジオでのマイクの保管にも適しています。Amazonで詳細を見る

本気で買おうとすると、買った後のことまで想像して、考えるとまた悩みだすんですよ。大きさは大きいほうがいいんだろうけど、今現在はそんなに収納するレンズもカメラもないわけで、適正サイズがなかなか決められなくなります。

防湿庫の設置場所を決めて防湿庫のサイズを選ぶ

Amazonで防湿庫を選んでいるとサムネイルの画像って大体同じでサイズ感がイマイチつかめないんですよね。カタログ記載のサイズを調べると意外と、どの防湿庫も背が低い。最初はリビングに置こうと思っていましたが、60cm~100cm位の高さの棚(防湿庫)をリビングに設置するのはなんか違うなぁと思い始めます。

リビングに置くと、子供がいる上に、背が低い防湿庫だとボールが当たったり、転んでぶつかったり、飲み物かけられたりというリスクがあるなと想像を巡らせました。うん、リビングに設置するのはやめようと。起こりうるリスクは初めから排除するのが一番ですから。

となると、自分の部屋に置こうと考えるわけですが、広くもない部屋に中途半端なサイズの防湿庫を置くスペースなんて確保できないと思っていたんですが、オーディオボードの上を整理すればなんとかなりそうだなと考え、そこに設置することにしました。

となると、ここに設置できるサイズの防湿庫だと30L~60L程度の大きさ。可能な限り大きいほうが良かろうと、それを基準に60Lサイズの防湿庫に決定!

60Lの防湿庫のラインナップから比較検討して選んだのは「ハクバの防湿庫 KED-60」

60Lの防湿庫から何にしようかと考えていたところ、IDEXかアイポーか、ハクバが気になりました。
防湿庫はどれでもいいんじゃないかと言いましたが、あれはウソだ。

実際に買おうと思った瞬間から色々と検討材料が噴出してきます。どれでもいいんですが、絞り込みの材料は明確になったということで、条件に合ったものを買いました。

お手頃価格でシンプルなやつ。比較した防湿庫は以下の3種。

IDEXの60Lの防湿庫 DS-63M

IDEXのDS-63Mはスライド式の引き出し棚とLED庫内照明がついています。除湿はペルチェ素子方式で、湿度表示がデジタル表示になっています。

外寸 : W380×D390×H520(mm)
内寸(突起部除く) : W376×D380×H445(mm)
棚の上に設置するカバーが波型でレンズを寝かせておくのに便利な形状。

IDEX 防湿庫 D-strage 60L DS-63M DS-63M
防湿庫・ドライボックス 【IDEX】

24,800円(参考価格:24,800円)

除湿効果の高いペルチェ式除湿システムAmazonで詳細を見る

アイポーの60Lの防湿庫 HP-68EX

IDEXと同様に湿度計はデジタル表示でペルチェ素子による乾燥方式の防湿庫です。内蔵のLED照明付き。取っ手付きの開閉扉です。アイポーというメーカーだと思うんですが、防湿庫には「HOKUTO」というロゴが表示されています。

外寸 :W380mm×D390mm×H499m
内寸 :W376mm×D360mm×H455mm(突起部除く)

スタイリッシュな防湿庫 5年保証 容量68L HP-68EX
防湿庫・ドライボックス 【アイポー】

22,000円

アフターサービス:当店安心な5年保証 、世界20カ国発売の実績、信頼の品質万が一故障の場合は当店で無償修理いたします。Amazonで詳細を見る

ハクバの60Lの防湿庫 KED-60これに決定!

ハクバの防湿庫は乾燥剤方式のドライユニットになっています。そして価格が一番安い。庫内照明はなく、奥行が31cmと短い代わりに高さが59cmとなります。私はこのハクバの防湿庫にしました。

外形寸法 : W358×H590×D315(重量12kg)
内形寸法 : W356×H550×D310(容量60リットル)

HAKUBA 電子防湿庫 E-ドライボックス 60リットル KED-60 KED-60
防湿庫・ドライボックス 【ハクバ】

21,899円

カメラをディスプレイしながら湿気やホコリから守る電子式防湿保管庫。乾燥剤除湿方式。Amazonで詳細を見る

色々と考えた結果、まず取っ手はないほうが良いと判断しました。扉開けるのに取っ手がなくても不自由はしないのと、でっぱりが邪魔に思えたため。

オーディオボードの上に設置することを考えると奥行が長いよりも高さが高いほうが都合が良く、デジタル表示の湿度計もいらないし、庫内照明もいらない。

ドライユニットが乾燥剤方式という点もメリットとしてとらえました。耐久性が優れているのが明確で、何年使うかわかりませんが、長持ちしてくれるほうが良いだろうと。
波型のスポンジも別にいらないかなと。逆にレンズしかおけない形状で、それにあうサイズかどうかもわからなかったので。

ハクバの防湿庫に防カビ材のセット品がありました

これにしようと思ったときにセット商品があるのに気づきました。防カビ材とカメラ座布団がついているセット。

HAKUBA 防湿庫 E-ドライボックス60リットル + カメラ ざ・ぶとん + 防カビ剤セット
防湿庫・ドライボックス 【ハクバ】

23,170円

HAKUBA 電子防湿保管庫 E-ドライボックス 60リットル KED-60Amazonで詳細を見る

価格が上がっているのでお得感がなさそうに見えるんですが、私が買ったときはこのセットにだけ使える10%OFFクーポンがついていまして、23,170円の10%OFFで21,899円で購入できました。防湿庫の単品価格と同価格だったのでこちらをオーダー。

防湿庫の設置場所を一工夫。高さを確保。

オーディオボードのスピーカーに棚を設置してそこにいろいろと物を置いているんですが、スピーカーの高さが40cmと20cm程高さがたりません。というわけでスピーカーの高さを確保するために一工夫。

スピーカーを使った収納棚

スピーカーに棚板を乗せるだけ

近所のケーヨーD2に行って、発泡スチロールでできたブロックを購入。1つ250円くらいで買いました。ちなみにAmazonでも売っているんですが、売り切れだったり、在庫あるやつは割高だった(送料がかかる)のでホームセンターで購入しました。

スチロールブロックハーフ ブラック W100×H190×D190 -
アクリル・プラスチック 【光洋産業】

サイズ:幅190×高さ100×奥行190mmAmazonで詳細を見る

1つを寝かせた状態で高さが10cmなので2段重ねて+20cmの高さを確保しました。ついでに棚板を新しく購入して、その場で木材カットサービスを利用して長さを150cmにしてももらいました。(1カット30円で希望の長さに木材をカットしてくれるんですよ)

アイリスオーヤマ カラー化粧棚板 LBC-1230 ダークオーク LBC-1230
化粧合板 【アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)】

2,235円

生産国 : 日本Amazonで詳細を見る

スピーカーの上に化粧棚を設置して、収納スペースを確保し、実際に防湿庫を設置するとこんな感じに。

ハクバ 防湿庫設置イメージ

中途半端なサイズが逆に丁度良い設置場所

あつらえたようにピッタリ収まっています。防湿庫の頭と棚板の隙間が1cmもなく完璧ですよ。測って買ったから当たり前なんですが。

ハクバの防湿庫に棚板を設置 組み立て方

ハクバの防湿庫は棚板の高さを自由に設定できるので、自分で好みの位置に棚板を設置する必要があります。

棚受けをセットして棚板をスライドして入れて、ネジで止める、シンプルな構造なので難しくもありません。

ハクバ 棚レール

ハクバ 棚受け プラスチック製

設置した棚受けに棚をスライドして差し込みます。

ハクバ 棚レールの設置

ハクバ 棚受け プラスチック製

棚受けの上に置くのではなく、溝にはめて固定するので安定感があります。
棚を奥まで入れたら真ん中にあるネジを締めて固定します。

ハクバ 防湿庫のネジ

ハクバの防湿庫棚受けを止めるネジ

棚をセットしたらコンセントを入れて通電確認。ドライユニットのランプが赤く光り、通電確認できました!

ハクバ 防湿庫 棚設置写真

ハクバ防湿庫60L 棚板を2枚設置

ハクバの防湿庫KED-60は全体がスチール製でできており、棚もスチール製になっています。多分、同価格帯の防湿庫はどれも変わらないと思うんですが、よく見ると結構安っぽいです。よく見ないとすごい立派に見えますけどね。

棚の設置が終わったらその上に傷防止のマットを敷きます。

ハクバ 防湿庫用傷防止マット

ハクバ 傷防止マット ウレタン製っぽいです

この後、空の状態で半日~1日かけて庫内の湿度を下げたのちにカメラを設置して完了です!

ちなみに通電直後の庫内の湿度は約70%になっていました。

ハクバ 防湿庫 アナログ湿度計

アナログの湿度計

連続運転で1日稼働してみると湿度は約40%までさがりました!ちゃんと動いていますね。ちなみに湿度の下には温度計もついています。

ハクバ 防湿庫 アナログ湿度計

1日たった防湿庫の湿度 40%

ハクバの60Lの防湿庫の容量イメージはこんな感じ

60Lの防湿庫の収納力がどんなもんなのかつかめてなかったんですが、ミラーレス2台とレンズ2個だと余裕です。棚1枚分空いています。ミラーレス2台といいつつ1台はPENTAX Q7なんですけどね。

ハクバ 防湿庫60L 収納イメージ

ハクバ防湿庫60Lの収納写真

これでレンズを買い足しても保管場所に困ることはありません!ドライボックスの時は、開け閉めがめんどくさかったり、シリカゲルの入れ替えが面倒だったりしたんですが、そういったお悩みがなくなりました!

おまけでもらったカメラ座布団と防カビ剤もいれます

防湿庫の購入自体が防カビ目的なんですが、せっかくもらった防カビ剤なのでこちらも入れておきます。1つで20L用なので、3つ設置しました。この1袋で4つ入っているので1つ余りますが、オーディオのあるところに入れました。あらませてもしょうがないしね。

ハクバ 防カビ剤とカメラ座布団

防カビ剤とカメラ座布団(桜柄)

おまけでついてきた防カビ材とカメラ座布団を設置して扉を閉めるとカッコいいんですよ。庫内をよく見ると安っぽく感じるんですけどね、閉めるとカッコいい。

ハクバ 防湿庫 扉を閉めるとこう

ハクバ 防湿庫60Lの扉を閉めたらこんな感じ

シンプルで良くないですか?アナログの湿度計のほうが高級感がありますね。光っていると光が気になりそうだし。
棚が余っていたので、庫内レイアウトを変更して、一番使い勝手がよさそうな一番上にα7Ⅲを設置して、余った棚にスペアザのライブで買ったサンバイザーを入れておきました。

扉を閉めた防湿庫を撮影しようすると、めちゃくちゃ映り込みます。実際はそこまで反射してないのですが、カメラで撮ろうとすると自分が写って大変でした。三脚使ってスマホと連動させて自分が映らないように撮りましたけどね。

ハクバの防湿庫(KED-60)を購入した感想!レビュー

届いてから設置までは苦労することなく簡単にできました。重さも思っていたほど重くなく1人で設置できます。

これから梅雨入りするにあたり、防湿庫があると安心できます。金額は22,000円弱と安いわけではないのですが、これから長い間使っていく予定なので、使用想定年数で考えればそこまで高い買い物でもなく、安心して保管できる場所ができたという喜びのほうが大きいですね。

扉を開けて置くだけで、湿気から守られるという気軽さはいいです。音も全く気になりません。無音といっても良いと思います。
見た目も良く、カメラも綺麗にしまえますから、一眼カメラを持っている方にはぜひ購入をオススメしたくなります。

ここから先は根拠のない、私の考えなのですが、ペルチェ素子について軽く調べたところ、素子自体がそこまで丈夫な作りじゃないみたいで、壊れるとしたらこの素子が壊れると思うんですよ。それ以外は蓋つきのスチールラックですからね。防湿庫と言っても。

ペルチェ素子の原価はかなり安いです。Amazonで980円で売っているレベルです。で、スチールラックって安いんですよ。何が言いたいかというと、多分、防湿庫ってコストを下げようと思えばかなり安く作れると思います。

つまり、信用できないメーカーの安い商品は避けたほうが良いと思いました。

高い防湿庫が良いというわけじゃないんですけど、他社と比較して安いからというだけで買うと結構危ないんじゃないかと。そう簡単には壊れないと思いますが、壊れるときは簡単に壊れる。作りが雑で、湿度が下がりづらい防湿庫は、吸湿と排湿を繰り返すわけで、それだけドライユニットに負荷をかけることになるかと思います。

ようするに安物(作りが悪い)ほど壊れやすいというのが容易に想像できると、そう思いました。

私が買ったハクバの防湿庫が良いのかというと、まだ買ったばかりなのでわかりませんが、湿度も安定していて、問題なく動いているので現時点では超オススメの一品です。他社と比べてもお安い価格設定でしたし。保証期間が3年と若干短めではありますが。

HAKUBA 防湿庫 E-ドライボックス60リットル + カメラ ざ・ぶとん + 防カビ剤セット
防湿庫・ドライボックス 【ハクバ】

23,170円

HAKUBA 電子防湿保管庫 E-ドライボックス 60リットル KED-60Amazonで詳細を見る

梅雨シーズン目前になると品切れになることも予想されますので、防湿庫を検討中の方はお早めに購入されることをオススメします!

SNSでシェア&感想をつぶやく


併せて読みたい カメラ 関連記事

新着記事一覧

ブログテーマ&記述者

WEBを使って色々と面白いことをやりたいと思っています。テーマもジャンルもなく思いついたことをつらつらと書いていきます。Amazonで買ってよかったものや、Amazonプライムで楽しんだものやオススメ商品のレビュー、アプリの紹介などを書いていきます。よろしくお願いします。

fuchi
WEBクリエイター
38歳 ♂ 鳥好き

防湿庫・ドライボックス関連商品 アマゾン