茨城県にあるイバライドで子供と過ごす晴れた土曜日

茨城県にあるイバライドで子供と過ごす晴れた土曜日

イバライドで動物と遊んでゴーカートに乗ったり子供と楽しむ休日

#31 イバライド

旅LOG

茨城県にある「イバライド」にあそびに行ってきました。無料WEBクーポンがあったので入園無料!園内には無料で楽しめる動物と触れ合える牧場施設や、有料で楽しめるゴーカートやアスレチックなどがあります。 子供と一日遊べるのどかなテーマパークです。

公開日:
最終更新日:

サイトマップサイトマップ

「ポティロンの森」改め「イバライド」に行ってきました

茨城県の稲敷市にある、「こもれび森のイバライド」へ行ってきました。もともとポティロンの森という観光牧場だったですが、名前が変わってイバライドとなりました。ポティロンの森の時にも行ったことがあります。

入園料と中にあるアトラクションで遊ぶのにお金がかかる施設です。入園料は1周年記念ということでWEBサイトにある割引券を見せると無料で入れます。
期間限定となっているんですが、2月の末までが無料期間だったのが、3月になったら3月末まで延長されていたので、もしかしたら繁忙期以外は無料で遊べるのかもしれません。
さきのことはわかりませんが、2017年3月までは入園料無料で入れます。

イバライド入り口
イバライド入り口

ポティロンの森からイバライドになって変わったところ

名称が変更になったイバライドですが、当然ながら敷地面積や立地条件は変わっていないので、さほど大きな変更はありません。新しいアトラクションが増えたのと、駐車場の料金が今までは一度駐車券を購入すると1年間無料だったのが、無くなったくらいでしょうか。

ポティロンの森の時は駐車券が1年間有効というちょっと何言ってるかわからない。というサービスだったんですよ。駐車券小さいし、1年間とっておけるのかという不安もありましたが、使うことなくポティロンの森はなくなってしまったので、実際に使ったことはありませんでした。駐車券とっておいた記憶もないですが。

イバライドになってからは駐車料金は1回500円かかるんですが、その駐車券がそのまま500円分のクーポンとして利用できるので、実質無料といえます。こういうの結構ありがたい。

命綱をつけて楽しむアスレチックが新設されたけど高いから遊ばなかったよ

新しく増えたアトラクションは結構高いところに設置されているアスレチックを命綱をつけて遊ぶというもの。これが、一人1500円ほどかかるんですよ。高い。500円くらいだったらやってもよかったんだけどなー。

イバライド アスレチック
本格的なアスレチック
イバライド アスレチック
高い位置から楽しめます

結構高い位置にありますよね、これ。小学3年生になる長男はやりたがっていたんですが、次男坊はまだ4歳なので、一人だけ遊ばせてもちと面倒なので今回はパスしました。

子供二人で3000円といわれると、なかなか躊躇しますね。さらに大人(自分もやりたい)を一人追加すると4500円。アスレチック1回に4500円はどう考えても高いと思ってしまうんですよねぇ。価格設定を見直して回転率上げたほうが売り上げ上がると思うんだけどなぁ。

この施設のターゲットは家族連れなわけで、子供と一緒に大人が遊んでお父さんがいいところ見せようと張り切るわけですよ。そういうニーズを踏まえて大人と子供、合わせて3人で3000円までなら、考える。実際にやるかどうかはわからんけど。検討段階に入る価格設定が3人で3000円。ひとり500円なら、メインアトラクションだし、やってもいいかなと思う。これがリアルなユーザーボイスです。(個人の感想ですが)

お金がかからないで遊べるふれあい牧場もあります

アスレチックの価格の高さの問題提議をしたところでお金がかからずに遊べる、動物と触れ合えるコーナーを紹介したいと思います。
牧場がベースのイバライドは牛やヤギ、馬や羊、豚やウサギなど様々な動物がいます。アルパカなんかもいました。

イバライド アルパカ
哀愁漂うアルパカ

疲れ切った中年サラリーマンのような哀愁漂う表情のアルパカさん

イバライド ヤギ
髭が立派なヤギ

立派な髭で主のような雰囲気を醸し出すヤギさん

柵内に入って動物にエサやりができます。エサは有料だけどね。ウサギの背中にリードをつけて、ウサギと散歩できるプランもあったりしました。ウサギは散歩する動物じゃないので、行きたいほうに行こうとして、子供が思い通りに散歩する、というようなわけにはいかない感じでしたが。

イバライド 白いうさぎ
白くて丸いうさぎさん

モルモットは時間指定がありますが、膝の上にのせたりだっこりしたりできます。ネズミだと思うとダメなんだけど、モルモットとかハムスターといわれるとかわいいと言ってもらえるげっ歯類のアイドル。

イバライド モルモット
モルモットと触れ合い

小さい子も触れ合ってました

また、無料で乳しぼり体験ができたりもします。これも時間指定ありで参加人数に限りがありますが、そんなに混んでいなかったので普通に参加できました。

イバライド 乳しぼり
初めての乳しぼりでもピューとしぼれました

羊飼いが牧羊犬を使って羊を追い立てるシーンも見れました。巧みに犬を操って、犬は羊を操る。牧場のなかをぐるぐると追い立ててました。
これは時間を忘れて見入ってました。犬が羊の退路に先回りしてある方向に羊を導くのは、面白かったです。

イバライド 牧羊犬
牧羊犬の羊追い

どこに追い込むのかわからなかったけど見てて面白かったです

動物が大好き、というわけじゃないんですが、動物の写真を撮るのが好きなので、こういった観光牧場に遊びに行くのが好きなんです。
なに考えているのかわからない動物がぐだぐだしているのを見ると、うらやましくなったりするんですよねぇ。

イバライド ジャージー牛
ミルクの濃さに定評のあるジャージー牛

柵の中に入って写真撮影していたら、ヤギに後ろから軽く追突されてびっくりしたり、出口を牛に封鎖されたりと楽しかったです。
牛の鼻の前に手を出すとぺろぺろなめられて、牛タンの感触を楽しんだりもできます。
人になれているのか警戒心を持ってないんですね。ここにいる動物たちは。

有料のアトラクションも少し遊びました ゴーカートと汽車と芝ぞり

無料でも動物と触れ合って楽しめますが、いろいろとアトラクションがあると子供たちにあれ乗りたい、これやりたいといわれるわけですね。家族4人で楽しめるアトラクションをたのしんできました。

イバライド 機関車
黄色い機関車

黄色い機関車にのったり、そこそこスピードの出るゴーカートに乗ったり、芝そりで遊んだり。
ゴーカートは二人乗りでハンドルが両方の席についているので小さいお子さんでも運転手気分が味わえます。レールのないゴーカートなのでちゃんと運転しないとタイヤで作られた壁にぶつかります。

イバライド ゴーカート
本格的なゴーカート

一人でのるには身長制限がありますが、同乗者がいれば子供ものれます。1回500円。

有料のアトラクションがフリーパスで楽しめる(一部例外あり)お得なチケットも売っています。今回は買わなかったんですが、1枚1500円なので、3~4つくらい楽しむなら遊具フリーチケットを購入するのもありですね。

イバライド内で食事も楽しめます

いろいろ遊んだらおなかがすくのでご飯を食べました。今回はビュッフェスタイルの町レストラン「シュー」というところで食べました。
食べ物の種類はそこそこ。お惣菜のようなご飯とカレーやパン、ウインナーなどがあります。引換券と引き換えで1品限りのスペアリブがあったり、自家製の牛乳がのめます。

デザートも3~4種類くらいありました。ご飯の写真はあまりとらないので写真ないですが、良かったです。ここで駐車券の500円分のクーポンを使いました。

気になる料金が大人1時間1500円でドリンクバー付きです。食べ放題のランチが1500円ならお得です。

季節によっては花も楽しめるんですが、冬はね。

入園口のすぐそばにお花畑があって、季節に応じた花が咲き誇っているんですが、訪れた季節は冬。なにも咲いていませんでした。
春に向けて種まきのシーズンですからね。

イバライド 冬
冬だからなにもない

きっと春には綺麗な花が咲き乱れるはず

ポティロンの森時代には秋に訪れたんですけど、コスモスが咲いていました。終わりかけのシーズンだったからか、花摘みを楽しめました。

イバライドのコスモス
秋空と赤とんぼ
イバライド コスモスとミツバチ
コスモスとミツバチ

入口以外にも花や木々が植えられていて、こちらも季節に応じた風景が楽しめます。桜にはまだ早い時期でしたが、梅が咲いていました。

イバライド梅の花
青空と満開の梅の花

茨城県で梅といえば水戸の偕楽園が有名ですね。偕楽園ほど梅の木は植えられてはいませんが、天気がいいと良い写真が撮れます。花は青空の下が一番きれいに撮れますから。

お土産売り場を覗いて近くにある牛久大仏に行きました

こんな感じでひとしきり遊んだあと、入口の近くにあるお土産屋さんを覗いて帰りました。腰を据えて朝から気合を入れてフリーチケットを買って遊んだら、丸一日楽しめそうです。

私は犬を飼ってないのであまり興味がないのですが、ここにはドッグランもあります。イバライドになってからドッグランが縮小されて、ネット場では評判が悪かったみたいなのですが、最近ではドッグランのエリアを拡大し、犬と一緒に遊べるエリアが広がったそうです。

イバライド お土産
自家製のソーセージとベーコンなどが売っています

お土産屋さんにはソーセージやベーコン、乳製品など牧場によくある食料品や、オリジナルのお菓子なんかが売っていました。

ここから車で10分少々で牛久大仏に行けます。ついでだったので牛久大仏にも行ってきました。さらに牛久大仏の近くには阿見アウトレットもありますよ。

世界一のブロンズ立像がある牛久大仏

ここには世界一大きなのブロンズでできた大仏様があります。(ブロンズカテゴリだと世界一で、高さだけだと世界で3番目だそうです)

牛久大仏
近くにある牛久大仏

大仏様の中にはいれます。カオスな世界が広がっています。

ここも花の季節には綺麗に整備されていて、動物園があったり、きれいな庭園があるので仏心がなくても楽しめます。

こんな感じで、ポティロンの森とさほど変わっていませんでしたが、のんびり楽しく遊べるので子供連れお出かけするスポットとしてはオススメです。アスレチックの価格設定が見直されたらもっとうれしいんだけどなー。

遊びに行く際は公式ホームページで割引情報をチェックするのをお忘れなく!
入園料金が正規の値段だとなかなかしますから無料クーポンがある時期がオススメです。

ドライブにオススメな便利グッズ紹介

車で使うと便利なグッズを紹介してます。絶対に外れないスマホホルダーや長距離ドライブでの疲れを軽減するクッションなどのご紹介。

イバライドの関連ページ

ブログ デイリーアクセスランキング

カー用品
1位

カー用品

スマホをカーナビとして使うと熱さで充電ができなくなるので、熱対策と1年間使って外れることがなかったスマホホルダーの紹介。

ノートPCスタンド
2位

ノートPCスタンド

ノートパソコンを横にしまうと結構な専有面積があるのですが、立てて収納できればわずか数cmで使えるので本当に快適です!

AM-AX1800HP
3位

AM-AX1800HP

Wifi6は今後スタンダードになるので先行投資で導入しましたが、速度改善の効果が皆無でちょっとしょんぼりです。

CLS対策初級編
4位

CLS対策初級編

CLS(Cumulative Layout Shift)を改善する方法とCLSを確認する方法などをまとめました。

CSSで作る横スライド
5位

CSSで作る横スライド

CSSのoverflow-x: scrollを使った横スライドの簡単な作り方と事例紹介です。 簡単便利はいいことだ。

NORDACE
6位

NORDACE

NORDACEのSIENAというシンプルで機能的で収納力に優れたノートパソコンも入れられるナイスなリュックのレビューです

ロリポップサーバーの安定感
7位

ロリポップサーバーの安定感

ロリポップハイスピードプランは価格も安く、表示速度も速い。 しかもアクセス耐性も高いとなるとほんと選んでよかったと思います

カレンダー
8位

カレンダー

forとifとforeachがメインのPHPによるカレンダーの作り方です。 祝日設定がちょっとめんどくさいんですよね。

MX MASTER3
9位

MX MASTER3

ロジクールのマウスは文句なしの出来栄えなんですよ。 だから高くても私は買いますよ。これ以外使う気ないですからね。

ツタヤディスカス
10位

ツタヤディスカス

1ヵ月無料でお試しできる定額レンタル宅配CD・DVDサービスのツタヤディスカスを1ヵ月間以上利用してみました。

カテゴリ一覧

オススメ商品レビュー

オススメ商品レビュー

世の中にある比較サイトや、いかがでしたか系サイトが嫌いなんです。使ってないのにえらそうなこと言うなと。なので体験談です。

WEB制作

WEB制作

WEBサイトを作れますと一言に言っても色々な技術があるわけですよ。アウトプットの形は一緒でもいろいろこだわりがあるんです。

カメラ

カメラ

2018年4月に購入したソニーのミラーレス一眼「α7Ⅲ」に関連する記事一覧ページです。 作例集やカメラグッズレビューなど。

美味しいもの

美味しいもの

食に関してはあまりこだわりがないんですけどね、こだわりがない分美味しいと思ったものは本当においしいと思ったものなんですよ

Amazonプライム動画

Amazonプライム動画

Amazonプライム会員なら無料で利用できるAmazonプライム動画から、いろいろな動画をみたレビュー記事のまとめページ

旅LOG

旅LOG

家族旅行やおでかけした際の旅ブログです。夏休みの家族旅行(4人家族)で訪れた観光名所の感想などを記しています。

プロフィール

プロフィール

Start-Point.netの管理人のプロフィール紹介を兼ねた、自分の中のルールや決め事やエピソードなどを書いていきます。

日記

日記

日記と言っても色々な日記があるわけで、記録的な日記や心理描写を色濃く描いた日記などをまとめたページです。

thanks

thanks

自分を表現することって意外と難しいんですよね。照れがあったり、間違ったこといってないかとよくわからない何かと戦ったりして。