箱根の関所と箱根神社と大涌谷 静岡家族旅行三日目

最終日にキレイな富士山を眺めることができました。 その後静岡から箱根へ向かい、小田原に立ち寄って無事、家族旅行終了!

熱海から箱根へ 静岡家族旅行三日目

熱海 箱根 旅LOG

熱海の大江戸温泉物語 水葉亭から一路、箱根へ向かい「箱根関所」「箱根神社」を見学して、桃源台からケーブルカーにのって「大涌谷」へ向かいました。静岡県から神奈川県へ抜けて、小田原漁港に立ち寄りご飯を食べて無事千葉県へ帰宅し終了です。

公開日:
最終更新日:

熱海 箱根 関連ワード #132
静岡県
神奈川県
熱海
箱根
箱根神社
箱根関所
大涌谷
  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0

2020年3月13日 静岡家族旅行 三日目 熱海 → 箱根 → 小田原 → 自宅

二泊三日の静岡家族旅行も早いもので、最終日です。

熱海からほど近い、箱根をぶらぶらして帰宅します。
箱根はもはや静岡じゃないんですけど、それはまた別の話。

静岡家族旅行 三日目の旅程

東名高速使って帰る

大江戸温泉物語 水葉亭からサンライズをながめる

泊まった宿がオーシャンビューだったので、早起きして日の出を眺めました。
元旦にも見てないからこれが初日の出だな。

熱海の日の出

オーシャンビューからの日の出

太陽ってかっこいいですよね。
信仰のひとつになるのもなんかわかる気がする。

熱海の日の出

オーシャンビューからの日の出2

このあと朝風呂に行こうと思い、昨夜とはちがう露天風呂に行こうとしたんですが、人が多くて嫌になって、昨夜と同じ大浴場に行きました。
朝から人が多いんですよね。

朝ごはん食べて、チェックアウトして箱根に向かいました。

箱根関所へ向かう途中で富士山をみれた!

熱海から箱根に向かう途中の「十石峠」から富士山が見えたので、急遽ここに立ち寄りました。
全然しらなくて、グーグルナビに従ったからたまたま通ったところだったんですが、運が良かったです。

十石峠からの富士山

広角レンズで撮る富士山

いい眺めでした。
ケーブルカーの発着所みたいで、車も停められて、しばらく富士山を堪能しました。

十石峠からの富士山

望遠レンズで撮る富士山

広角レンズと望遠レンズの差がすごい。
望遠レンズはでかくて重くて持ち運びに不便だけど、遠くのものがちゃんと撮れるのは結構たのしいですね。
このへんのカメラの話は別途書きたいと思います。

念願の富士山をギリギリ静岡でみることができました。
もう少し行くと神奈川県に突入します。

箱根の関所に到着

歴史小説みてると、箱根ってのは、江戸と西の砦みたいなところで、この箱根の関所をどうやって通過するかがひとつのイベントになってたりするんですよね。

箱根の関所 看板

箱根の関所

この箱根の関所は1619年~1869年の間、旅人の出入りを取り締まる番所として使われていました。
頑張れゴエモンの初代だと通行手形を金で買って、通過しますね。

箱根の関所 入口付近

箱根の関所入り口

「入鉄砲と出女」という言葉が関所界隈の合言葉になってまして、江戸にはいる鉄砲と、江戸から抜ける出女を厳しく取り締まっていたと。
出女は江戸屋敷に人質として置かれていた妻女の脱出を防止していたそうです。

箱根の関所 モニュメント

髪のなかの密書をさがしてる

こちらの人は髪をすいているわけじゃなく、あやしいところがないかを確認している姿になっています。

2007年に箱根関所を復元

箱根関所は役目を終えたあと、しばらくそのままほっておかれたそうです。
箱根関所の構造をあきらかにする書物がみつかり、それを参考に当時の関所を復元した、とのこと。

結構あたらしくて、なかなか楽しかったです。

箱根の関所の中

箱根関所の様子

関所のなかに高台があって、そこから芦ノ湖の風景が一望できます。
当時は関所破りをみつけるための高台だったわけですが、現代は心地よい風景を楽しむ高台になってますね。

箱根の関所 高台からの景色

箱根関所の高台から

箱根関所と芦ノ湖と遊覧船が一望できる、いいところです。

箱根関所資料館も、入園券でみれたのでじっくり見てきました。
資料館の文章とかめっちゃ読むんですよね。だいたい忘れるんだけど。

一通り眺め終わったあと、箱根神社に向かいました。

箱根神社のフォトスポット

箱根神社にはインスタ映えするスポットがありまして、水際にある鳥居です。

箱根神社の鳥居

箱根神社の鳥居

ここは行列ができてまして、順番に並んで記念写真をする、という流れができてました。
後ろのひとにカメラをたくして、写真を撮ってもらうという。

箱根神社の鳥居

箱根神社の鳥居

これ、試し撮りしてくれたのかな。
ブログに使うのにちょうどいい写真が撮れてました。

この石段にのって記念写真とあいなりました。
これ、午前中に撮った写真なんですが、午前中だとめちゃくちゃ逆光になるので、かっこよく撮りたい人は午後とか夕暮れ時がいいんじゃないかと思います。
この写真はライトルームで補正してます。

箱根神社 境内の様子

鳥居で写真を撮った後、境内に向かいます。
石段が多くてなかなか大変でした。

箱根神社 境内

箱根神社の境内

朱と緑が特徴的な箱根神社です。

ここで子供たちがおみくじひいてました。
私は神様しんじてないので、おみくじなどは基本的にやりません。
寺社仏閣をみるのは好きなんですけどね、あんまり神様信じてない。

神様にたいしての敬意はそこまでもってないんですが、寺社仏閣を作った人間にたいして敬意を抱いています。

こんな感じで箱根神社を探索して、大涌谷に向かいます!

箱根神社の参道

箱根神社の参道

大涌谷はケーブルカーで 発着は桃源台

次に向かったのが大涌谷です。
車でも行けるんですが、駐車場に限りがあるので、ケーブルカーで向かうことにしました。

ケーブルカーは桃源台というところから出てまして、そこから乗ります。

箱根ケーブルカーからの景色

ケーブルカーから見る富士山

箱根からも富士山が近いのでケーブルカーから富士山が良く見えました。
雪があるほうが富士山らしいですね。

大涌谷 駐車場から見る富士山

大涌谷 駐車場から見る富士山

駐車場はいっぱいになっておりました。
ここからも富士山が良く見えます。

大涌谷は箱根山が噴火して、一時期立ち入り禁止になっていましたが、2019年10月からまた楽しめるようになりました。

火山のおかげで観光名所になったけど、火山のせいで観光できなくなるという、なんていうか、おもしろい構造です。(不謹慎ですみません)

2020年3月大涌谷の様子

水蒸気がみえる大涌谷

大涌谷名物の寿命がのびる黒たまごを食べて、すこしぶらぶらして戻りました。
風が超強くて、寒かったのと、これ以上風が強くなるとケーブルカーが止まります、というアナウンスがかかったため、急いで戻ったと。

7年前にも来た大涌谷

箱根は2013年の8月にも家族旅行で来たんですよ。
もう7年。はやいもんだ。

2013年の箱根ケーブルカー

2013年のケーブルカー

下の子は無料で乗れる乳幼児だったのに、今じゃ自我の芽生えた小学二年生ですよ。
上の子は今度中学校です。

2020年の箱根ケーブルカー

2020年のケーブルカー

時差を楽しむっていうのも乙なもんですね。
年をとったからこそ味わえる滋味(じみ)の深い楽しみ。

ケーブルカーが止まる前に無事桃源台に戻りました。

第3新東京市 エヴァンゲリオン

箱根は第3新東京市なので、ケーブルカーの発着駅である「桃源台」にエヴァンゲリオンがいました。

桃源台のエヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン 初号機

エヴァンゲリオンはTVアニメと劇場版を一通りみたことがあります。程度のファンです。
今年は劇場版が公開されるといいですね!

桃源台のエヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン 初号機

この催しは3月までらしいです。
良きタイミングでみることができました。

小田原に立ち寄って千葉に帰宅!

大涌谷を見た後、小田原から高速に乗って帰りました。
小田原の小田原漁港に立ち寄って、海鮮丼を食べて、干物を買って帰ったんですが、メシの写真あんまりとらないので写真がありません。

写真がないのもちょっとあれなんで、7年前に撮った小田原城の写真をおいておきます。

小田原城

小田原城

こんな感じで静岡家族旅行、二泊三日の旅が終了しました。
静岡っていいですよね。

富士山をもっとどーんと真正面からみたいので、今度は河口湖とか富士山のふもとを攻めてみたいと思いました。
冬は雪が降ると大変なので、春か夏か秋か。

いついけるかわかりませんが、また静岡に遊びに行きたいと思っております!

~ Fin ~

  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0

次の記事はこちら

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
39歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップ!のレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

静岡県 関連記事はこちら すべての 旅LOG 記事はこちら

ブログアクセスランキング

新着記事

カテゴリリスト

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
39歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップ!のレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら