静岡家族旅行二日目 シャボテン公園で鳥をめっちゃ撮る

静岡家族旅行二日目 シャボテン公園で鳥をめっちゃ撮る

日本平からシャボテン公園&大室山へ 静岡家族旅行二日目

#131 日本平とシャボテン公園

旅LOG

2020年3月に行った静岡家族旅行の二日目は日本平から伊豆にあるシャボテン公園へ向かい、その向かいにある大室山のリフトにのって絶景を楽し出から、熱海にとった宿に向かいました。 シャボテン公園にいるハシビロコウのビルには会えなくて残念。

公開日:
最終更新日:

サイトマップサイトマップ

2020年3月12日 静岡家族旅行 二日目 日本平 → シャボテン公園 → 大室山

静岡家族旅行二日目。
寸又峡から山を降って、日本平を目指します。
富士山を眺めたら、一気に伊豆まで下りてシャボテン公園を見学し、熱海に取ったお宿へ!

静岡県を横断する強硬スケジュールです。

2020年3月 静岡家族旅行二日目旅程
静岡県横断!

日本平 夢テラス 2018年11月3日開業したあたらしい施設

2018年の8月21日に日本平を訪れたときに、工事中だった日本平夢テラス。
訪れた3ヵ月後が開業だったので、ちょっと悔しかったんですよね。

なので、ここにも立ち寄ろうと思いまして、シャボテン公園の途中にあるので立ち寄ってきました。

どうでもいいことなんだけど、静岡県の人は「夢」というワードが好きなのかな。
夢の吊り橋からの夢テラスですよ。

夢テラスからの眺望は最高!なんだけど

富士山と駿河湾が一望できる夢テラス。
夏に来たときは雲が多くて富士山をまともに見られなかったので、今度こそは見れるだろうとウッキウキで到着しました。

天気は青空の広がる良い天気!
夏と比べて湿度も低く景色を味わうには最高の気候じゃないですか。

私が初めて富士山をまともに見たのが、多分、小学校の卒業旅行と称して、小学校の仲間と河口湖に行った時だと思います。
子供だけで初めて旅をしました。

ユースホステルという、安宿に小学生だけで泊まって、記憶が曖昧になってきたけど、あのときみた富士山の大きさは今でも覚えてます。

情報の中の富士山と、実際に目の当たりにする富士山とのギャップ。
これを自分の子供たちにも味わってほしくて、富士山の見える静岡県に夏に行ったんですよね。

そしたら曇ってて見えなくてがっかりしたんですが、夏の富士山は、印象がちょっと違うからまぁいいかと割り切っていました。
また来ようと。

ようやくその日が来たよ、富士山!

日本平から見える富士山
日本平から見える富士山

お分かりいただけただろうか。
ピンポイントで雲がかかっているのである。

わかりやすいように拡大してみてみましょう。

日本平から見える富士山 拡大図
日本平から見える富士山 拡大図

この日は雲の流れが写真の矢印の通り左から右へ吹いていました。
加えて雲の動きがすこぶる悪い。
流れたところで余計に雲が増えるだけだと予想できる状況。

絶望しかありませんでした。
またか、また見れないのか、富士山よ。

静岡県にいたらそこら中から富士山が見えるようなイメージがありますが、そうでもないんですよね。
静岡県内でも案外みえないのが富士山。

ゆえに富士山がキレイに見れるスポットに来たというのに!

望遠レンズにレンズ交換する気力をなくしたので、広角レンズでしか撮影できませんでした。

日本平からの眺望を楽しめる夢テラス

富士山にかける意気込みを伝えたくて順番が前後しますが、夢テラスの紹介をします。

日本平 夢テラス入り口
日本平 夢テラス入り口

日本平(にほんだいら)というこの場所は標高307メートルと小高い山にありまして、富士山の正面にあり、近くに三保の松原があり、ロープウェイから久能山東照宮にも行けるナイスな観光スポットです。

日本平
日本平!

その日本平に四方を展望できる回廊としてできたのが夢テラス。
設計は開催が危ぶまれている東京オリンピックの新国立競技場を設計した「隈研吾氏」によるものです。

日本平 夢テラス看板
日本平 夢テラス看板

開業して1年ちょっとなので新しい施設でキレイでした。

静岡の良い景色が360°楽しめる

富士山に雲がかかってましたが、眺望は最高のロケーションです。

回廊というくらいなのでぐるりと回れまして、静岡の色々な景色を楽しめます。

日本平 夢テラスの回廊
夢テラスの回廊

八角形になっていて、それぞれのポイントでどんな景色が見れるのかの看板なんかもついていました。

日本平 久能山側の景色
久能山側の景色

ここは徳川家康のお墓のある久能山へ続くロープウェイ乗り場のある方面です。
海と山のある良い景色ですね。広角レンズなので駐車場なども入ってますが。

▼2018年に訪れた日本平と久能山の記事はこちらにございます

こんな感じで夢テラスを楽しんでから、伊豆にあるシャボテン公園に向かいました。

シャボテン公園に到着!

車を走らせて、一気に伊豆に到着しました。
走行距離112km、2時間くらいかかりましたが シャボテン公園に到着!

伊豆シャボテン公園
シャボテン公園

シャボテンってのはサボテンのことなんですけどね、シャボテンって言い方いいですよね。
創業当時、サボテンの言い方がシャボテンとも言われていたそうで、その名残からシャボテン公園という名称になっているとのこと。

サボテンと鳥たちが放し飼いにされていて、カビパラが温泉に浸かっていることと、38歳になったハシビロコウのビルがいることで有名な公園です。

写真正面に見える台形の山は「大室山」です。

一番の目的!バードパラダイス

放し飼いにされたハシビロコウのビルに会えるということでウキウキしてたんですけどね、お部屋にこもって出てきてくれませんでした。
富士山に続いてまたもや空振り!

シャボテン公園 バードパラダイス ビルの部屋より生中継
ビルの部屋より生中継!

こればっかりはしょうがないですね。
残念だけどまた会える日を楽しみにしたいと思います。

ついてすぐにここに入って、帰り際にもう一度来たんですが、やっぱり会えずじまいでした。

大きな網でできた空間を歩いて鳥を見学できるおもしろい施設になっています。

シャボテン公園 バードパラダイス 鶴
いきなりツル!

バードパラダイスに入ってすぐにツルが普通に歩いていました。
びっくりしますよね。
※鳥は好きなんですが名前とかあんまり興味がなくて調べてません

シャボテン公園 バードパラダイス モノトーンの鳥
モノトーンの鳥

ものすごい至近距離で鳥の写真を撮影できます。
いや~、掛川花鳥園もよかったけどシャボテン公園もいいです!

シャボテン公園 バードパラダイス クジャク
シロクジャクと普通の孔雀

白いクジャクとケージの向こうに普通のクジャクがいます。
あとで出てきますがこのシャボテン公園の中で一番自由なのはたぶん、クジャクです。

シャボテン公園 バードパラダイス フラミンゴ
水を飲むフラミンゴ

赤いフラミンゴもすぐ近くを歩いてます。
油断したら殺られる距離ですよ。

シャボテン公園 バードパラダイス フラミンゴ
桃色のフラミンゴ

フラミンゴはなんでこんなに目が小さいんだろうな。
鳥類はいろんなやつがいてほんとにあきません。

シャボテン公園 バードパラダイス
パヒューム?

みんな同じような体制で同じ方向を向いてますね。
アイドルユニットか。

こんな感じで、バードパラダイスを一通り楽しんで、ビルに会えなかった残念な気持ちを抱きつつ、次のステージへ進みましょう。

気になる存在 ピラミッドの中に突入!

バードパラダイスを後にして、次のエリアに向かう途中、クジャクが施設内の道を堂々と歩いていました。

シャボテン公園の道端を普通に歩くクジャク
道端を普通に歩くクジャク

自由にあふれている優しい世界ですね。
そんなクジャクを横目に見つつ、次のエリアに行きましょう。

シャボテン公園の中にピラミッドがいくつか設置されてまして、それが気になってました。

シャボテン公園のピラミッド
気になるピラミッド

このピラミッドは温室になっていまして、サボテンが栽培されています。
これは地下道で園内にあるいくつかのピラミッドとつながっています。

ピラミッドごとに国が設定されていまして、その国にあるサボテンが栽培されていました。

シャボテン公園のシャボテン
色々なサボテンが楽しめます

サボテンもね、鳥に負けずにいろんな種類があるんですよね。
小さいのから大きいの、丸いのや長いのなどなど。

私、個性的なものがどうやら好きみたいで、サボテンも好きになりました。

シャボテン公園のシャボテン
シャボテン公園のシャボテン

温室の間の地下道にも動物がいたり、なにかが展示されていたりしておりました。

シャボテン公園のオニオオハシ
オニオオハシ(本物)

掛川花鳥園とは違うカラーリングのオニオオハシがおりました。
最初は置物かと思ったんですが、ちゃんと生きてました。

シャボテン公園のフクロウ
フクロウがお出迎え

フクロウが入り口にいたり、飽きさせない工夫がされていますね。
足がリードでつながれていたので、自由に飛び回ることはできないようです。

シャボテン公園のサボテンの花
サボテンの花

先っぽにピンクの花が咲いているとげとげのサボテン。

シャボテン公園のサボテン
うなるサボテン

なんか嫌なことでもあったのかい、と聞きたくなるほどのうねりを見せるサボテン。

シャボテン公園のサボテン
もさもさのサボテン

とんがることをやめた優しいサボテン。
綿毛のようなものを見にまとってますね。

シャボテン公園のサボテン
サボテンなの?

タケノコみたいな生え方してるサボテンかどうか定かでないものもありました。
サボテンと一言に言ってもその種類はたくさんあるので、サボテンなんでしょうね。たぶん。

こんな感じで、冠になっているシャボテンもしっかり楽しみました。
サボテンの販売もしてるんですよね。

シャボテン公園のサボテン
さわりたくなるやつ

鉢植えになってるやつとか、地面にはえてるのをハシでつまんでお会計に持っていたりして購入できます。

プニプニ感が素晴らしいこの子が欲しくなったんですけどね。

シャボテン公園のサボテン
案外固かった

育ててあげられる自信がなかったのでやめておきました。
人間の子供くらいに勝手に育ってくれればいいんだけどね。

カピバラの露天風呂もあります

カピバラというでかいネズミが露天風呂に入ってます。

シャボテン公園 カピバラの露天風呂
カピバラの露天風呂

個人的にそんなにかわいいと思ってないので、さらっとみて終わりました。

シャボテン公園 カピバラの露天風呂
かぴばら だよ かびぱらじゃないよ

かわいいですかね?
コビトカバのほうがよっぽどかわいいぞ。
ここにはいないけど。

これは温泉なのかとか、おっさんみたいだな、とかどうでもいいことを考えながら写真を撮っていると、ギャーギャーうるさい声が響きます。

声の主はコンゴウインコたち

たえずでかい声でギャーギャーわめいています。
ド派手なカラーリングで圧倒的な存在感があるのに、そんなに大きな声をださなくてもいいのにと思いますよね。

シャボテン公園 ルリコンゴウインコ
ルリコンゴウインコ
シャボテン公園 ミドリコンゴウインコ
ミドリコンゴウインコ
シャボテン公園 アカコンゴウインコ
アカコンゴウインコ
シャボテン公園 ベニコンゴウインコ
ベニコンゴウインコ

なんでこんなにカラーリングが豊富なんでしょうね。
艶やかで鮮やかな羽をまとって空を飛び回るコンゴウインコ。

同じ種で固まってて、飛んだりしてなかったんですが、コンゴウインコたちも放し飼いでかわれているそうです。

コンゴウインコの向かいにはペンギンがいました。

シャボテン公園 ペンギン
ペンギン

鳥以外の動物もまとめて紹介

鳥ばっかり紹介してるので、鳥しかいないのかと思われそうですが、鳥以外の動物もいます。
鳥のほうが多い気はしますが。

シャボテン公園のサル
ちいせえサル

なんとかマーモセットだったかなぁ。
ちょっと覚えてませんが舌をぺろっとだしたところをうまいこと撮れました。

シャボテン公園 カンガルー
休日のおっさん

カンガルーとかワラビーとかいるところもありました。
柵とかなくていいところですよね。

自由なクジャクはラマの中にも侵入

ラマのいるエリアをみてたら、クジャクがその中に侵入してましたよ。

シャボテン公園 孔雀
ほんと自由

クジャクを見つめるラマ。

シャボテン公園 ラマ
ラマはつばを飛ばすよ

ラマもいい顔してるよな。

こんな感じでシャボテン公園を存分に堪能しました。
静岡って動物にやさしいよね。

シャボテン公園 モニュメント
モニュメントもいい

チェックインまでまだちょっと余裕があったので、向かいにある大室山に行くことにしました。

台形の形をした大室山のいい景色!

大室山は2018年に訪れたんですよ。
そんときは霧がひどくて景色がイマイチ楽しめなかったので、今度こそ!

▼残念な大室山の景色はこちら

山頂まではリフトで登ります

シャボテン公園のすぐ近くに大室山がありまして、シャボテン公園の半券を見せるとリフト券の割引購入ができます。

大室山リフト
大室山のリフト

晴れてれば伊豆半島からの絶景が楽しめるよい景勝地です。
写真右下にあるのがシャボテン公園です。

大室山の景色
シャボテン公園のピラミッドが見えます

大室山は正面から見ると台形の形をしていて、上から見ると丸い形をしてます。
その外周が約1km。

大室山の景色
真ん中がへっこんでる

真ん中がポコッとへっこんでまして、そこでなぜかアーチェリーが楽しめます。
なんでアーチェリーなんだろうと、一昨年も思った気がします。

大室山の景色
山から眺める山

ほんとここから見る景色は気持ちが良かったです。
風がめちゃくちゃ吹いてて、冷たくて寒かったんですけどね。

こんな感じで伊豆半島を楽しんだ後、熱海にとった大江戸温泉物語 水曜亭に向かいました。

ほんと静岡っていいところだよなぁ。
海も山もあって、花鳥園や動物園もいっぱいあるし、城も温泉もある。

シャボテン公園の鳥
最後にデコイのような鳥!

老後を静岡で過ごしたいなぁと思いました。
3日目の箱根に続きます!

日本平とシャボテン公園の関連ページ

静岡旅行二日目

静岡県家族旅行二日目 三保の松原と久能山東照宮 さわやかのハンバーグ

三保の松原から日本平に向かいロープウェーで久能山東照宮に向かい、大江戸温泉物語で汗を流してさやわかのハンバーグを食べた二日目。

静岡旅行 1日目

静岡県 夏の家族旅行1日目 熱川バナナワニ園と白浜の海

静岡夏の家族旅行の1日目は白浜大海水浴場と熱川バナナワニ園に行きました。白浜の海は風が強く波は高く天気は曇りでしたが楽しめました。

掛川花鳥園と寸又峡

静岡県 掛川花鳥園と寸又峡 夢の吊り橋へ家族旅行で行く

掛川花鳥園の鳥が自由に飛び交って腕でも肩でも鳥をのせて楽しめるあの空間が大好きになりました。夢の吊り橋は遠い。

静岡県家族旅行4日目

静岡県家族旅行4日目 まかいの牧場と白糸の滝・音止めの滝を観光

三泊四日の家族旅行もいよいよ最終日。浜名湖から静岡県の白糸の滝に向かい、ほど近いまかいの牧場をみて千葉に帰ります。

静岡家族旅行 計画編

2018年の夏の家族旅行は静岡県3泊4日の旅 その計画について

2018年8月20日に毎年恒例の夏の家族旅行の行き先を静岡県に決定! 静岡県の選定理由と観光名所の選定の計画について。

静岡県家族旅行三日目

静岡県家族旅行三日目 駿府城・掛川城・浜松城と可睡斎風鈴祭り

静岡県家族旅行三日目はお城巡り。駿府城公園から、掛川城、可睡斎に立ち寄り、浜松城を巡り、浜名湖畔のホテルで宿泊。

熱海 箱根

熱海から箱根へ 静岡家族旅行三日目

最終日にキレイな富士山を眺めることができました。 その後静岡から箱根へ向かい、小田原に立ち寄って無事、家族旅行終了!

静岡家族旅行

2020年3月 静岡家族旅行二泊三日の旅

静岡県には1年前に訪れたのですが、その時に行けなかった景勝地、観光名所があったので今回はそこを巡る旅にしました。

ブログ デイリーアクセスランキング

カー用品
1位

カー用品

スマホをカーナビとして使うと熱さで充電ができなくなるので、熱対策と1年間使って外れることがなかったスマホホルダーの紹介。

ノートPCスタンド
2位

ノートPCスタンド

ノートパソコンを横にしまうと結構な専有面積があるのですが、立てて収納できればわずか数cmで使えるので本当に快適です!

AM-AX1800HP
3位

AM-AX1800HP

Wifi6は今後スタンダードになるので先行投資で導入しましたが、速度改善の効果が皆無でちょっとしょんぼりです。

CLS対策初級編
4位

CLS対策初級編

CLS(Cumulative Layout Shift)を改善する方法とCLSを確認する方法などをまとめました。

CSSで作る横スライド
5位

CSSで作る横スライド

CSSのoverflow-x: scrollを使った横スライドの簡単な作り方と事例紹介です。 簡単便利はいいことだ。

NORDACE
6位

NORDACE

NORDACEのSIENAというシンプルで機能的で収納力に優れたノートパソコンも入れられるナイスなリュックのレビューです

ロリポップサーバーの安定感
7位

ロリポップサーバーの安定感

ロリポップハイスピードプランは価格も安く、表示速度も速い。 しかもアクセス耐性も高いとなるとほんと選んでよかったと思います

カレンダー
8位

カレンダー

forとifとforeachがメインのPHPによるカレンダーの作り方です。 祝日設定がちょっとめんどくさいんですよね。

MX MASTER3
9位

MX MASTER3

ロジクールのマウスは文句なしの出来栄えなんですよ。 だから高くても私は買いますよ。これ以外使う気ないですからね。

魔法少女まどか☆マギカ
10位

魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカという名前が誤解を生みそうな素晴らしい作品があります。魔法少女という強烈なメタファーのせいで誤解をしていました。

カテゴリ一覧

オススメ商品レビュー

オススメ商品レビュー

世の中にある比較サイトや、いかがでしたか系サイトが嫌いなんです。使ってないのにえらそうなこと言うなと。なので体験談です。

WEB制作

WEB制作

WEBサイトを作れますと一言に言っても色々な技術があるわけですよ。アウトプットの形は一緒でもいろいろこだわりがあるんです。

カメラ

カメラ

2018年4月に購入したソニーのミラーレス一眼「α7Ⅲ」に関連する記事一覧ページです。 作例集やカメラグッズレビューなど。

美味しいもの

美味しいもの

食に関してはあまりこだわりがないんですけどね、こだわりがない分美味しいと思ったものは本当においしいと思ったものなんですよ

Amazonプライム動画

Amazonプライム動画

Amazonプライム会員なら無料で利用できるAmazonプライム動画から、いろいろな動画をみたレビュー記事のまとめページ

旅LOG

旅LOG

家族旅行やおでかけした際の旅ブログです。夏休みの家族旅行(4人家族)で訪れた観光名所の感想などを記しています。

プロフィール

プロフィール

Start-Point.netの管理人のプロフィール紹介を兼ねた、自分の中のルールや決め事やエピソードなどを書いていきます。

日記

日記

日記と言っても色々な日記があるわけで、記録的な日記や心理描写を色濃く描いた日記などをまとめたページです。

thanks

thanks

自分を表現することって意外と難しいんですよね。照れがあったり、間違ったこといってないかとよくわからない何かと戦ったりして。