コンプライTS-200をWI-1000Xへ装着しフィット感を楽しむ

評判と値段の高いコンプライのイヤーピースの購入後1週間レビュー!柔らかいウレタン素材のイヤーピースは装着前に指でつぶして耳穴に装着します。

コンプライTS-200をWI-1000Xへ装着しフィット感を楽しむ
  • 商品レビュー > コンプライ
  • コンプライTS-200アジアンフィットのイヤーピース

  • 評判と値段の高いコンプライのイヤーピースの購入ご1週間レビュー!柔らかいウレタン素材のイヤーピースは装着前に指でつぶして耳穴に装着します。 ぎゅっと小さくした状態で耳に入れ、耳の中で膨らんでフィットさせるので抜群の装着感と重低音が楽しめます。

  • LAST UP DATE:
  • コンプライcomplyレビューイヤーピースイヤーチップウレタンイヤホンアジアンフィットTS200

COMPLY(コンプライ)TS-200 イヤーピースレビュー

ソニーのワイヤレスイヤホンWI-1000Xを購入して、付属のトリプルコンフォートイヤーピースをつけていたのですが、以前に購入したトリプルコンフォートイヤーピースと比べて硬さがなんか柔らかく、サイズを1サイズあげてLサイズで装着してもフィットしないので、コンプライのイヤーピースを購入してみました。

同じ名称のトリプルコンフォートイヤーピースですが、若干の仕様変更なのか、別物なのかわかりませんが、触り心地で比べると似て異なる商品な気がします。市販品のほうが少し硬めに感じます。

水洗いできるトリプルコンフォートイヤーピース ソニー EP-TC50Mのレビュー

耳にフィットするイヤーピースを探して、いろいろ検討した結果、SONYのトリプルコンフォートイヤーピースEP-TC50Mを購入しました。 シリコン製の柔らかい素材で耳の穴にフィットして長時間使っても疲れない。 しかも水洗いできるというコンセプトにひかれて購入!

サイト内リンク:https://www.start-point.net/blog/item/goods/ear_peace/

以前、ソニーのトリプルコンフォートイヤーピースを購入した際、コンプライも候補にあったのですが価格がネックで購入を見送りました。が、コンプライのイヤーピースって実は色々な種類があり、お値段も様々であることを知りました。

コンプライのイヤーピースの特徴

コンプライというのは元々軍事用のイヤホンを開発からスタートしているというなんだかすごい経歴のあるイヤーチップです。 ヘリコプターのような騒音のするところで使っても、イヤホンから流れる言葉がしっかりと聞けるようにというコンセプトから作られています。

コンプライCEOが語る、音楽リスニングを変えるイヤホンチップ開発秘話 (1/3) - PHILE WEB

イヤホンの交換用フォームチップを手がける米国のブランドとして、イヤホンマニアの間では名が知られた存在のComply(コンプライ)。今回Phile-webでは、同社が特別な発泡素材のイヤホンチップを開発中という情報をキャッチ!コンプライCEOのオリヴェイラ氏に話を伺った。

転載元:https://www.phileweb.com/interview/article/201501/16/262.html

フィット感を追求している企業ということがわかりますね。

コンプライが出しているイヤーピースは大きく分けて5種類の型番と耳垢ガードの有り無しの2種類があります。私が今回購入したTSから始まるシリーズは「アジアンフィット」と呼ばれるタイプで楕円形の形をしたイヤーピースとなっております。

これが安かったんですよ。3個入りで1,620円。以前購入を断念したタイプは3000円くらいしていたので、約半額と。

Comply(コンプライ) 23-20101-01
イヤーピース

1,629円(参考価格:2,484円)

■ 低反発ポリウレタン採用で最高級の遮音性を実現Amazonで詳細を見る

3つ入って1620円なら1個当たりが540円。これはそんなにお高くないというのと、フィット感に期待して購入ししました。

Amazonでコンプライと検索すると色々でてくるので混乱しますが、種類が5種類、耳垢ガードのありなしで2種類。それに加えて並行輸入品という品種まであってカオスです。さらに付け加えるとノズルの太さ(イヤホンと装着する穴の大きさ)もあって訳がわからないんですよ。ノズルの大きさは-(ハイフン)の後の数字が表しています。
プラスアルファでイヤーチップのサイズがあり、中には色違いまであります。なんともとっつきにくい商品ですね。

色々調べた結果、WI-1000Xにフィットするノズルサイズは200番台。形はよくわからないけど日本人だし安いからアジアンフィットでいいかと。そんなわけでTS-200のMサイズの黒を注文しました。

コンプライ TS-200 パッケージ

並行輸入品と国内版の違いはおそらくパッケージに書かれた言語の違いだけだと思うので、安いほうでいいのではなかろうかと思います。私が買ったのは日本語表記なので国内版です。

コンプライ TS-200裏面パッケージ

パッケージの裏面に対応表があります。ここに書いてなくても使えれば問題なし。

コンプライ TS-200 プラスチックケース

密閉できるプラスチックケース

パッケージを開けるとプラスチックのケースに3セット入っています。表面が軽くペトペトしているんですよね。ベトベトではなくペトペトという微妙なニュアンスが伝わりますでしょうか。
イヤーチップ同士をくっつけると軽くピトッとくっつく程度にペトペトしております。表面がテカっているのはコーティングされているせいだと思います。

コンプライ TS-200 表と裏

左:イヤホン側装着面 右:耳側装着面

イヤホンに装着する側はまっすぐ切られており真ん中に芯が通っているので装着面を間違えることはないですね。

さわり心地はかなり柔らかく、ぐにゃぐにゃします。ソニーのトリプルコンフォートイヤーピースの場合、真ん中に芯があってそこまでつぶせなかったのですが、コンプライのイヤーチップの場合、真ん中に芯はあるものの、周りのウレタンが非常に柔らかくぐにゃっとつぶれます。

コンプライ TS-200 横側

つぶれた状態で耳に突っ込み、復元することで耳穴にピッタリフィットするという寸法です。ウレタン製の耳栓と同じです。

硬さは気温によって変化し、寒ければ硬めになり、暖かければ柔らかくなります。そのため、耳の中の体温によって復元されていくわけです。

コンプライTS-200イヤーチップの装着感

購入する前まではここまでぐにゃぐにゃと思っていなかったのでMサイズを購入しました。つぶして耳に入れた直後はすぐには本来のサイズに戻らないので少し小さ目かなとも思ったのですが、徐々にサイズが戻ってくるといい感じでフィットします。

ただ、この装着感なら1サイズ大き目でもよかったかもと感じているのも事実。小さくはないのですが、装着中に若干の余裕を感じる。Lサイズにするとどこまでサイズ感が変わるのかわかりませんが、耳に入らないということもない装着方法なので、Lサイズでもよかったかなぁと。

次回購入時はLサイズを購入したいとおもっているので、購入したら改めてレビューします。

コンプライTS-200をソニーWI-1000Xに装着

SONY WI-1000Xに装着 左:コンプライTS-200 右:SONY トリプルコンフォートイヤーピース

WI-1000Xに装着した感じです。左がコンプライで右がソニーのトリプルコンフォートイヤーピース。右側はLサイズで、左側はMサイズです。ぱっと見コンプライの方が大きく見えますね。実際の装着感もコンプライのほうが大きく感じます。

コンプライTS-200に変えて音の変化は?

フィット感が増したせいか重低音の迫力が増しました。ソニーのトリプルコンフォートイヤーピースの時も感じたんですが、耳の穴にフィットさせると重低音の響きが増すんですかね。フィット感の高いイヤーピースほど重低音に対する影響が大きいです。

コンプライTS-200 正面

TS-200 音の伝わる穴が大きい

特徴的なのがイヤーピースの穴の大きさ。イヤホン自体の音のでるところが丸見えです。耳垢がたまりやすい気がするので、これが気になる方は耳垢ガード付きのタイプを選ぶのをオススメします。
音を出す部分の遮蔽物がないのでこの辺も音の迫力を増している要因なのかもしれませんね。

以前から感じていたんですが、私の耳の穴は右のほうが大きいみたいです。右が若干緩く感じるんですよね。完全に個人差のあるところですが。

気になるコンプライの耐久性はこれから

コンプライのレビューを見ているとぽろぽろとウレタンがはがれて壊れていくというをよく見ますが、購入直後なのでまだまだピンピンしています。

3つあるので消耗品と割り切って使っていきたいと思います。2017年12月8日~11日にかけてAmazonサイバーマンデーというセールが行われるそうなので、そこでコンプライが安くなっていたらLサイズ買っちゃおうかと考えています。

Comply(コンプライ) 23-20101-01
イヤーピース

1,629円(参考価格:2,484円)

■ 低反発ポリウレタン採用で最高級の遮音性を実現Amazonで詳細を見る

コンプライのイヤーピースと合わせて使っているSONY ワイヤレスイヤホンWI-1000X

記事中で紹介しているソニーのBluetoothイヤホン WI-1000Xのレビューはこちら。ノイズキャンセル搭載のワイヤレスイヤホンは日常の騒音を軽減してくれて、音楽や映画や動画に没頭できる満足度の高い逸品です。

ソニー WI-1000Xレビュー 音質の違いとノイキャンの威力を初めて知る

ソニーの2017年秋の新作ワイヤレスイヤホンWI-1000Xを購入して初めてノイズキャンセルを体験。 高級イヤホンの奏でる音の良さと、ノイズキャンセルの素晴らしさに買ってよかったと心から思えた体験談をまとめました。 音質の違いは誰でもわかるレベルで良いです。

サイト内リンク:https://www.start-point.net/blog/item/goods/wi-1000x/

SNSでシェア&感想をつぶやく


COMPLY コンプライ イヤーピース Ts-200 ブラック Mサイズ 3ペア HC23-20101-01
  • 1,629円 (参考:2,484円)
詳細を見る
COMPLY Tsx-200 イヤーピース ブラック Mサイズ 3ペア HC29-20101-01
  • 2,970円 (参考:3,348円)
詳細を見る
COMPLY コンプライ イヤーピース T-200 ブラック Mサイズ 3ペア HC17-20101-04
  • 1,453円 (参考:2,376円)
詳細を見る
COMPLY コンプライ イヤーピース Tx-200 ブラック Mサイズ3ペア HC19-20101-01
  • 3,240円 (参考:3,240円)
詳細を見る
Comply (コンプライ) イヤホンチップ Pシリーズ プラチナ スタンダード (3ペア)
  • 3,572円
詳細を見る
ソニー XBA-N3・N1用コンフォートイヤーピース(Mサイズ・2ペア)SONY EP-TC50M
  • 1,183円
詳細を見る

併せて読みたい WI-1000X 関連記事

新着記事一覧

ブログテーマ&記述者

WEBを使って色々と面白いことをやりたいと思っています。テーマもジャンルもなく思いついたことをつらつらと書いていきます。Amazonで買ってよかったものや、Amazonプライムで楽しんだものやオススメ商品のレビュー、アプリの紹介などを書いていきます。よろしくお願いします。

fuchi
WEBクリエイター
37歳 ♂ 鳥好き