WI-1000Xのスペックや使い勝手 ハードケース、オススメ音楽紹介

WI-1000Xのスペックや使い勝手 ハードケース、オススメ音楽紹介

WI-1000X 購入1か月後レビュー ハイレゾじゃなくても音がいい理由

#56 WI-1000X 30日後レビュー

オススメ商品レビュー

ソニーのブルートゥースイヤホンWI-1000Xを購入し約1ヵ月使ったレビューです。イヤホンに内蔵されたノイズキャンセリングのマイクやコーデック、アップスケーリングの技術の紹介や、WI-1000で聞くオススメの音楽などを紹介しています。

公開日:
最終更新日:

商品リンクにアフィリエイト広告を利用しています

サイトマップサイトマップ

SONYのBluetoothイヤホン WI-1000X レビュー!

ソニーのBluetoothワイヤレスイヤホンWI-1000Xを2017年11月5日に購入してから1ヵ月弱が経過しました。1ヵ月くらい使うと色々な意味で慣れてくるので気づいたところや、細かいところをレビューしていきたいと思います。

購入直後の初期衝動で書いたレビューはこちら。

WI-1000X シャンパンゴールド
WI-1000X シャンパンゴールド

WI-1000Xのカラーはシャンパンゴールド。ゴールド名がついていますがそんなにキラキラしていません。黄土色(おうどいろ)のほうがイメージに近いですが、黄土色っていうネーミングは価値を下げる気がするのでシャンパンゴールドとつけたであろうことは想像に難くありません。

WI-1000X 左側リモコン操作方法

WI-1000Xはネックバンド方式となっており、首に装着して使います。そのネックバンド部分にリモコン装置が仕込まれております。

WI-1000X 左側リモコン部
WI-1000X 左側 L

左側から「電源」「音量」「再生・停止」のボタンになっています。ネックバンド部分にリモコンがあると装着しているときはスイッチがまったく見えません。外してボタンを押すのはスマートではないので、盲牌(麻雀牌を指先の感触でどんな牌か判別すること)の要領でスイッチを探り当てて使います。

スイッチの位置が結構離れているのでどのスイッチかわからないことはないです。+と―だけ近いのですが判別可能ですので大丈夫!

それよりもややこしいのが早送り、早戻しの操作方法です。再生ボタンの押し方で操作するのですがモールス信号の如く、長押しと単押しを使い分けて操作します。

WI-1000X リモコン操作方法

再生:一時停止中に1回押します。
一時停止:再生中に1回押します。

ここまでは普通ですね。問題はここから。

次の曲の頭出し:2回押します。(●●:単押し2回)
前(または再生中)の曲の頭出し:3回押します。(●●●:単押し3回)
早送り:1回押して離してから、もう一度押し続けます。(●■:単押し→長押し)
早戻し:2回押して離してから、もう一度押し続けます。(●●■:単押し→単押し→長押し)

この操作、あんまり使わないこともあってそんなに頭に入っていません。取りあえず早送りは再生ボタン2回、巻き戻しは3回と覚えておけば事足りそうです。

電源は長押しで「ON/OFF」の切り替えを行い、電源がONの状態で電源ボタンを単押しするとバッテリーの残量を3段階でアナウンスしてくれます。「バッテリーレベル HIGH / Middle / LOW 」の3種類で外人のおねえさんが教えてくれます。これ10段階くらいにしてくれると嬉しいんですけどね。

WI-1000X 右側ノイズキャンセルコントロール

WI-1000X 右側リモコン部
WI-1000X 右側 R

右側のリモコン部分はシンプルでノイズキャンセルのコントロールのみとなっています。

NCは「Noise Cancel」で「AMBIENT」は外音の取り込みです。
1回ノイズを押すと「アンビエントサウンド:外音の取り込みモード」、2回押すと「ノイズキャンセルOFF」3回押すと「ノイズキャンセル」以下ループとなります。ちなみにノイズキャンセルはデフォルトでオンになっています。

右側に生産国とBluetoothの刻印が入っています。ちなみに MADE IN MALAYSIAと刻まれております。

ケーブルを収納できるミゾ ケーブルマネージメント

WI-1000Xのケーブルはそんなに長くはありませんが、ネックバンドと一体になっていて取り外しはできません。耳に入れているうちは気になりませんが、耳から外している時や、持ち運びの時にプラプラするのでこの溝に引っ掛けると多少は軽減されます。

WI-1000X ケーブルマネージメント
ケーブルを収納できるミゾ
ケーブルを引っ掛ける

このミゾにケーブルをパチパチとハメて使います。一周ぐるりと収納できますが、肝心のイヤホン本体は収納できませんのでちょっと中途半端になります。なので、一周回すというよりも、上部側のみにパチリとはめて使わないときはそのまま持ち歩いています。

NFCによるペアリングも可能

使ったことのない機能の1つにNFCによるペアリング機能があります。SUICAなどに採用されている非接触でできるペアリングです。

WI-1000X NFC
NFCはR側の裏

Bluetoothが非接触でのペアリングなんで私は使っておりません。

WI-1000Xには2種類のイヤーピースが付属

WI-1000Xにはトリプルコンフォートイヤーピース×3サイズ、ハイブリッドイヤーピース×4サイズが付属しています。

WI-1000X 付属イヤーピース
付属のイヤーピース2種×3サイズ 6個

2種類のイヤーピースと3種類サイズがあれば、サイズ感は問題ありません。私はトリプルコンフォートイヤーピースをWI-1000Xの購入前にイヤーピースとして購入し、タオトロニクスのTT-BH-16につけて使っていました。WI-1000Xを買う前に。
TT-BH-16につけていた別売りしているトリプルコンフォートイヤーピースと、付属しているトリプルコンフォートイヤーピースは仕様が若干違うのか、サイズ感に違和感を覚えました。

大きさというよりも質感が異なっているようで、WI-1000Xについているトリプルコンフォートイヤーピースは柔らかく、耳から抜けやすい。そんなわけで、より良いフィット感をもとめてコンプライのTS-200に変えました。

WI-1000Xのサイズに合うコンプライイヤーピースは200番台

ノイズキャンセルの効きもフィットするイヤーピースのほうが効果が高いので、コンプライのTS-200へ変更。コンプライのイヤホンはノズルのサイズが細かく分かれており、WI-1000Xにあうノズルサイズは200番台。形というよりもコスパを優先してTSという楕円形のイヤーチップにしました。コンプライの詳細はこちら。

耳の形や個人差があろうかと思いますが、コンプライのほうがしっくりきてます。

Comply(コンプライ) Ts-200 アジアンフィット イヤーピース Mサイズ 3ペア 【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】 HC23-20101-01

Comply(コンプライ) Ts-200 アジアンフィット イヤーピース Mサイズ 3ペア 【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】 HC23-20101-01 #100

3,170円 (税込)(Amazon参考価格)

低反発ポリウレタン採用で最高級の遮音性を実現

イヤホン・ノイズキャンセル機能の詳細

WI-1000Xにはノイズキャンセルがついており、イヤホン部分にノイズキャンセル用のマイクが内蔵されています。

WI-1000X イヤホン部ノイズキャンセル用マイク
ソニー公式サイトより引用

このイヤホン部分にSONYの技術の粋が詰まっているようで字面で読むと超難しいことが色々と書かれています。

WI-1000X イヤホン部 側面
WI-1000X イヤホン部分横

簡単にまとめるとノイズキャンセルは業界最高クラスの性能。(ネックバンド型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン市場において。2017年8月31日時点、ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る)

周囲の騒音を分析し3つのノイズキャンセリングモードからその場に適したモードを自動で選択してくれる「フルオートAIノイズキャンセリング」搭載。

WI-1000X イヤホン部 正面
WI-1000X イヤホン部分正面

気圧の変化に応じてノイズキャンセリング性能を最適化してくれる機能もついており、飛行機で使う際に力を発揮してくれます。

WI-1000X イヤホン部背面
イヤホン部後ろ ノイズキャンセル用マイク

ノイズキャンセルと一言で言っても色々なモードがあるんですね。フルオートAIノイズキャンセリング機能がついているとは初めて知りました。

イヤホンの後ろにノイキャン用のマイクがついているせいか、風切り音は結構聞こえます。ビルとビルの間のビル風なんかは結構聞こえるんですよね。

専用アプリから最大20段階でノイズキャンセルの効き具合を調節可能

ノイズキャンセルのレベルが専用アプリから、最大20段階という細かさで設定が可能です。また行動を検知して自動で最適なレベルに変更してくれる機能もあります。

WI-1000X イヤホン部背面
専用アプリ

私はデフォルトの設定で満足しているので細かい設定やシーンに応じてノイズキャンセルを使い分けることもしてないのでさほどアプリの恩恵にはあずかっておりません。

このアプリは色々と面白い機能が備わっていまして、ノイキャンのレベル以外にも音の聞こえる位置の変更ができます。ただ音の位置もデフォルトが一番いいので、試しに使ってからは使っておりません。

接続中に電話がなるとネックバンドが振動して着信を教えてくれる機能があるのですが、そのバイブをOFFにするのにこのアプリが必要です。私はほとんど電話が鳴らないのでOFFに設定しています。

一番使えるのがイコライザですね。重低音の効きをこのアプリのイコライザで少し強くして使っています。

ノイズキャンセル BOSE QC30がライバル

ノイズキャンセルの2大巨頭といえばソニーとボーズと勝手に思っています。私はWI-1000Xが初めてのノイズキャンセル対応機種だったので比較はできないのですが、Amazonのレビューやネットの口コミを見るとBoseの「QC30」との比較レビューを良く目にします。

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth 接続 マイク付 最大10時間 再生

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth 接続 マイク付 最大10時間 再生 #110

9,800円 (税込)(Amazon参考価格)

画期的なテクノロジーにより、日常のさまざまなシーンに合わせてノイズキャンセリングレベルを調整可能。

価格帯も近く同じネックバンドタイプということも比較対象になる要因でしょうね。どちらが優れているかは個人差と主観の問題があり、かつ私はBoseのノイズキャンセルを味わったことがないので何も言えません。
ただWI-1000Xのノイズキャンセルには十分すぎるほど満足しています。

WI-1000Xの音質について

WI-1000Xを購入して一番気に入っているのが音質です。いい音に聞こえる理由の1つがノイズキャンセルで、もう一つがイヤホンの性能によるものと思います。

WI-1000XにはLDACと呼ばれる高音質コーデックが備わっております。ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質で再現してくれる高機能なコーデックなんですが、私はハイレゾ音源は容量を喰うので持っていません。じゃあ、意味ないじゃんと思うのですが、えぇ、意味ないです。そもそも私の使っているスマホがLDACに対応してないし。

次にスマホを機種変更するときはLDACコーデックに対応したスマホにしたいと思います。ハイレゾ音源用意するつもりはあんまりないんですが、選択肢として持っておくのは悪いことじゃないし。

ちなみにLDACコーデックはソニーが開発した技術ですが、ソニー独占というわけではなく次期アンドロイドOS(Android O)から技術的には搭載可能ということ。(ライセンスの問題などがあり実際に搭載されるかどうかはメーカー次第らしい)また、ソニーのエクスペリアスマホには搭載されています。

コーデックだけじゃない!高音質のSONYの技術

LDACもハイレゾ音源も持っていませんが、それとは別にDSEE HXというアップスケーリング技術が搭載されており、CDやMP3などの圧縮音源の高音域を補完しながら、サンプリング周波数とビットレートを本来の数値よりも高めてハイレゾ相当の音質に変換してくれる機能を搭載しています。

WI-1000X アップスケーリング
ソニー公式サイトより引用

難しい話はよくわかりませんが、これ凄くないですか。圧縮音源を補完してビットレートまで高めてくれるとかそりゃいい音に聞こえるわけですわ。
ハイレゾ相当の音質まで高めてくれるならハイレゾ音源いらないんじゃないかと無粋なことまで考えてしまいますね。

持ち運び方法には気を使う だって高いから

ネックバンドタイプで折りたたむことができないWI-1000Xは持ち運び方法に気を使います。が、基本的に首につけっぱなしにしています。付属のキャリングケースは、ソフトケースでカバンに入れておくとなんかの拍子に折れたりしそうで怖いんですよね。

ハードケースがあったらもう少し気楽にカバンに入れられるのですが、ハードケースは付属していないので、カバンに入れずに持ち運ぶという方法をとっております。基本的に移動中にも使うものなんでそんなに苦にはなりません。

ちなみにWI-1000Xが収納できるハードケースだとこの辺が人気です。

スリムなキャリーケース、LG Tone Infinim用。トーン、トーン・プロ、トーン ウルトラブルートゥース、ワイヤレスステレオヘッドセット、プロテクト トラベルバッグ。 EJB51-10

スリムなキャリーケース、LG Tone Infinim用。トーン、トーン・プロ、トーン ウルトラブルートゥース、ワイヤレスステレオヘッドセット、プロテクト トラベルバッグ。 EJB51-10 #109

0円 (税込)(Amazon参考価格)

WI-1000X 有線接続も可能 有線接続なら充電切れても問題なし

WI-1000Xの付属品にマイクロUSB端子とイヤホン端子ケーブルが付属しています。これにより有線での接続も可能です。

WI-1000X 有線接続
WI-1000X 有線接続

有線接続の場合、充電が切れていても使用可能なので、充電が切れたときに備えてこのケーブルを常備しておくと万全です。本体と同じカラーリングでSONYのロゴ入りのケーブルが付属しています。

Bluetoothよりも優先接続のほうが音がいい、とよく聞くのでワイヤレスと有線で聞き比べてみたんですが、私の耳でははっきりとした違い、というか何も違いを感じられませんでした。

これがいいのか悪いのかわかりませんが、ワイヤレス状態の音に超満足しているのと、基本的に有線接続の煩わしさが嫌なので良かったのかな。劇的に音が変わって有線のほうがいいと思っちゃうと、有線でつなぎたくなっちゃいますし。

あくまで非常用として使うのがベストですね。

【追記】電池切れでの有線接続の場合ノイズキャンセルが効かなくなります

WI-1000Xでたまに充電をし忘れて電池が切れることがあるので、有線ケーブルを持ち歩くようにして気づいたのですが、有線接続の場合、ノイズキャンセル機能がきかなくなります。例によって有線と無線の聞き比べを家でしていた時は、気づかなかったのですが、電車に乗って使うと、全然違いますね。

ノイズキャンセルは充電のある状態じゃないと効かないので、電池切れでの優先接続だと音が悪くなります。外音が聞こえる分だけ音が悪いと。

WI-1000Xを購入して得られるもの

このイヤホンで音楽聞いていると音楽が好きになりますね。高い買い物(個人的に)したからっていうのもあるかと思うんですが、このイヤホンでいろんな音楽を聴いてみたいと思えます。通勤時間が長いほうで電車に乗っているときなんか動画を見るか音楽聞くか、ネットを見るか、将棋をするかのいずれかなんですが、どのシチュエーションでもイヤホンは使っていますから、購入してよかったです。

ツタヤディスカスも使っているので常に新しい音楽を耳にできて、それがいい音で聞けるってだけで、通勤時間の苦痛が多少なりとも軽減されるってもんですよ。

個人の好みが大いにあるのであれですが、個人的には電子音との相性が良い気がします。4つ打ちのバスドラの重低音とシンセのなんとも言えない高音との絡みが好きです。しっかりと響く重低音とハイハットの高音もしっかり拾ってくれるいいイヤホンですよ。こいつは。いくつかオススメの曲を紹介したいと思います。

サカナクション ミュージック

4つ打ちドラムの心地よさは言わずもがな、 な曲ですね。序盤の抑え気味の進行からブレイクでタメてからのサビ、また落ち着きをとりもどしてからの大サビの盛り上がり。首ふっちゃいますよね、これ聞くと。

スーパーカー White Surf style5

印象的な浮遊感あふれるイントロのシンセ音と、けだるそうなナカコーのボーカルと電子音混じりのドラム。ブゥーというスライド音から始まるギターがのる瞬間の音が最高に気持ちいい。

indigo jam unit Roots

ボーンと鳴り響くピアノ、それに絡みつくようにループを繰り返すウッドベース。少しづつ変化を加えてテンポを上げて上げて展開されるジャズピアノ。響く重低音と抜けの良いピアノの高音が気持ちいい一曲。

まぁ好きな曲を聴いてればどんなイヤホンでも気持ちよくなるわけなんですけどね。音の心地よさを重視して選んでみました。

仕事中はノイズキャンセルとインストミュージックで集中力倍増

後は仕事中。いろいろな喧しい音が聞こえる職場なので、ノイズキャンセルと音楽があれば集中力が増します。
集中して音楽聞きながら仕事していると結構時間が過ぎるのが早いんですよね。気づいたらもうこんな時間かってことが良くあります。

WI-1000X + コンプライTS-200 最強コンビ
WI-1000X + コンプライTS-200 最強コンビ

どうでもいいことですが、ネックバンド式のイヤホンがまだ珍しいらしく、それなんですか?と購入当初はよく聞かれました。「イヤホンだよ。超高いやつ。」「いくらですか?」「いくらだと思う?」「1万円くらい?」「もうちょうい。」「2万円?」「もうちょい」「3万円!?」「それくらい。」という会話をよくしました。

なんで買ったんですか?というどんな回答を期待されているのか、バカにされているのかよくわからない質問をされたりも。欲しかったからだよと当たり前な回答をしましたけども。

3万円もするイヤホンWI-1000Xですが、購入から約1ヵ月弱ですけどものすごく満足度の高い商品になっています。誰にでも気軽にオススメできるシロモノではありませんが、ワイヤレスイヤホンでちょっといいアイテムを探している人にはうってつけの商品です。

音楽好きな人への贈り物などにもいいかもしれませんね。ブランドにこだわりがない人には喜ばれると思いますよ。機会があったら多くの人に使ってもらいたい逸品です。

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル シャンパンゴールド WI-1000X N

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル シャンパンゴールド WI-1000X N #97

9,980円 (税込)(Amazon参考価格)

ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質(LDAC/DSEE HX)

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル ブラック WI-1000X B

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル ブラック WI-1000X B #96

9,580円 (税込)(Amazon参考価格)

ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質(LDAC/DSEE HX)

WI-1000Xにオススメのイヤーチップはコンプライ

付属のイヤーチップも悪くないのですが、コンプライのイヤーチップにするとフィット感が増して、ノイズキャンセルの効きや重低音に迫力が増すのでオススメです。金額もそこまで高くないので、フィット感と音の向上を期待するならコンプライのイヤーチップを試してみてください。

コンプライのイヤーチップのレビューはこちら

記事内で紹介している商品リスト
(価格はAmazon参考価格)

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル シャンパンゴールド WI-1000X N

9,980円(税込)

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル シャンパンゴールド WI-1000X N

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル ブラック WI-1000X B

9,580円(税込)

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル ブラック WI-1000X B

Comply(コンプライ) Ts-200 アジアンフィット イヤーピース Mサイズ 3ペア 【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】 HC23-20101-01

3,170円(税込)

Comply(コンプライ) Ts-200 アジアンフィット イヤーピース Mサイズ 3ペア 【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】 HC23-20101-01

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth 接続 マイク付 最大10時間 再生

9,800円(税込)

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth 接続 マイク付 最大10時間 再生

スリムなキャリーケース、LG Tone Infinim用。トーン、トーン・プロ、トーン ウルトラブルートゥース、ワイヤレスステレオヘッドセット、プロテクト トラベルバッグ。 EJB51-10

スリムなキャリーケース、LG Tone Infinim用。トーン、トーン・プロ、トーン ウルトラブルートゥース、ワイヤレスステレオヘッドセット、プロテクト トラベルバッグ。 EJB51-10

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/ Amazon Alexa搭載 /Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM3 BM

19,772円(税込)

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/ Amazon Alexa搭載 /Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM3 BM

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2 : Bluetooth/Amazon Alexa搭載/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2017年 360 Reality Audio認定モデル ブラック WH-1000XM2 B

42,372円(税込)

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2 : Bluetooth/Amazon Alexa搭載/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2017年 360 Reality Audio認定モデル ブラック WH-1000XM2 B

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900 : Bluetooth対応 左右分離型 防水仕様 4GBメモリ内蔵 2018年モデル / マイク付き /ブラック

17,080円(税込)

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900 : Bluetooth対応 左右分離型 防水仕様 4GBメモリ内蔵 2018年モデル / マイク付き /ブラック

ソニー 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N : Amazon Alexa搭載 Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ホワイト WF-SP700N WM

17,400円(税込)

ソニー 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N : Amazon Alexa搭載 Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ホワイト WF-SP700N WM

ソニー ウォークマン 16GB Aシリーズ NW-A105 : ハイレゾ対応 / MP3プレーヤー / bluetooth / android搭載 / microSD対応 タッチパネル搭載 最大26時間連続再生 360 Reality Audio再生可能モデル ブラック NW-A105 BM

24,900円(税込)

ソニー ウォークマン 16GB Aシリーズ NW-A105 : ハイレゾ対応 / MP3プレーヤー / bluetooth / android搭載 / microSD対応 タッチパネル搭載 最大26時間連続再生 360 Reality Audio再生可能モデル ブラック NW-A105 BM

Comply(コンプライ) T-200 スタンダード イヤーピース SMLサイズ 各1ペア 【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】 HC17-20200-04

3,170円(税込)

Comply(コンプライ) T-200 スタンダード イヤーピース SMLサイズ 各1ペア 【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】 HC17-20200-04

WI-1000X 30日後レビューの関連ページ

WI-1000Xレビュー

ソニー WI-1000Xレビュー 音質の違いとノイキャンの威力を初めて知る

ソニーの2017年秋の新作ワイヤレスイヤホンWI-1000Xを購入して初めてノイズキャンセルを体験レビュー

コンプライ

コンプライTS-200をWI-1000Xへ装着しフィット感を楽しむ

評判と値段の高いコンプライのイヤーピースの購入後1週間レビュー!柔らかいウレタン素材のイヤーピースは装着前に指でつぶして耳穴に装着します。

Amazon Fire TV Stick

新型Amazon Fire Stickを1か月使った感想と視聴制限

2017年4月発売の新型Amazon Fire TV Stickを1ヵ月間使った感想と、気になる視聴制限の実験レポートです。

将棋盤と駒

蝶番のない将棋盤と上彫りの将棋駒を購入して父親に将棋で勝利

Amazonで購入できる本格的将棋盤と将棋駒のセットを購入。全種類の駒の表と裏の写真と将棋盤の折り目の写真を交えたレビューです。

音楽再生

ネットワークオーディオを使わずにPCの音楽を再生する方法

パソコンに取り込んだ音楽をせっかくならCDコンポから再生したいと思ったことありませんか?AUXを使った外部接続の方法の紹介です。

コンプライT-200レビュー

コンプライのイヤーチップ T-200とTS-200の比較レビュー

コンプライのイヤーチップT-200スタンダードタイプのLサイズをとTS-200アジアンフィットのMサイズとの比較レビュー

Opera-03

ローズゴールドが美しい ワイヤレスイヤホンOpera-03

Opera-03のレビューです。 フラッグシップモデルのOpera-05との比較を交えてOpera-03の魅力をお伝えします。

spigen車用スマホホルダー

取れない、ズレない、外れない!車用スマホホルダー Spigen

接着面が取れずに6年間使い続けた車用スマホホルダー「Spigen」が壊れたので同じものを買いました!

MX MASTER3

進化した最高のマウス ロジクール MX MASTER3

ロジクールのマウスは文句なしの出来栄えなんですよ。 だから高くても私は買いますよ。これ以外使う気ないですからね。

ワイヤレスヘッドホン

1万円以下で買えるノイズキャンセル搭載ヘッドホン QW-07

1万円以下で購入できるノイズキャンセル搭載のBluetooth接続のワイヤレスヘッドホンQW-07を2週間使用したレビューです。

Deco03カスタマイズ

ペンタブレット XP-PEN Deco03購入1か月後レビュー

XP-PENのDeco03を使いやすく角度をつける方法や、収納方法などをご紹介! ペイントソフトのクリスタも導入しました!

今治タオル

今治の高級バスタオル「富士雲」「レオン」を使ってみた感想

高級タオルの代名詞「今治タオル」を購入してみました。毎日使うバスタオルを1ランク上の物に変えるだけで使うたびに幸せな気持ちになれます。

モバイルバッテリー

大容量モバイルバッテリー巻き取り式の高速USBケーブルのセット

スマホのバッテリーの充電が1日持たないけど、買い替えにはちと早い。そんな時にはモバイルバッテリーがオススメです。

Bluetoothイヤホン

BluetoothイヤホンTT-BH-16とTT-BH-07の比較レビュー!

スマホとイヤホンをつなぐ紐のないワイヤレスイヤホン「Bluetoothイヤホン」を2種類買ったので、その快適性と比較を書いてみました。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro

最新の機能が詰まったコスパのよいワイヤレスイヤホン SOUNDPEATS Capsule3 Pro

カナル型でノイズキャンセル搭載の完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS Capsule3 Pro」レビュー。

NORDACE

オシャレでシンプルなビジネスにも使えるリュック NORDACE

NORDACEのSIENAというシンプルで機能的で収納力に優れたノートパソコンも入れられるナイスなリュックのレビューです

Kazakiri 1枚刃のカミソリ

Kazakiri カミソリレビュー 替刃1枚約11円!

カミソリの替刃の価格が高すぎるので1枚当たり11円で使える片刃のカミソリを購入しました! 切れ味抜群でヒゲソリが楽しい!

2台用PCスタンド

ノートパソコンを2台立てて置けるPCスタンドレビュー

ノートパソコンを2台置けるタイプのノートパソコンスタンドのレビューです。 購入して失敗したなぁというポイントも紹介!

ここひえレビュー

エアコンが置けない部屋の救世主 ここひえ レビュー

ショップジャパンのパーソナルクーラー「ここひえ」を購入して使った感想と気づいたこと。 風を正面に受けると涼しいです

フットレスト

フットレストで正しい姿勢を手に入れて体の負担を軽減させる!

フットレストがあればイスの上であぐらをかくクセが治るのでは? そんな思惑をもってフットレストを購入してみました!

超音波加湿器SHIZUKU

超音波加湿器SHIZUKUで湿度管理 商品レビュー

アピックス社製の超音波加湿器 SHIZUKUを購入しました。 電気代がお安くデザインが特徴的な超音波式の加湿器です。

ロジクール マウス

ロジクール高機能マウスMX Master 2Sは歴代最高のマウス

PCを操作するのに必要なマウス。高級品でも安いマウスでも操作をするという点においては大差はありません。違いがあるのは操作に対する満足感。

SNSでこの記事をシェアできます

ブログ デイリーアクセスランキング

α7Ⅲで夜景
1位

α7Ⅲで夜景

去年はPENTAX Q7で撮影してきた東京タワーと浅草に今年も夜桜撮影に行ってきました。買ったばかりのソニー α7Ⅲを片手に。

F氏の隣人
2位

F氏の隣人

マンションに住んでますが、両隣の住人の方とは交流がなく、名前も顔も家族構成も知りません。わかっているのは1つだけ。

WI-1000X 30日後レビュー
3位

WI-1000X 30日後レビュー

ソニーのブルートゥースイヤホンWI-1000Xを購入し約1ヵ月使ったレビューです。スペック紹介や使用感オススメ音楽紹介など。

鋸山 地獄覗き
4位

鋸山 地獄覗き

千葉県の観光名所「鋸山」へ行き地獄覗きと百尺観音、奥の院無漏窟など。車で行く場合は鋸山駐車場がオススメです。

HIHO FINE BUBBLE+
5位

HIHO FINE BUBBLE+

暖かいミストで洗顔するとすごく気持ちいいシャワー。 節水効果も高く非常に満足度の高いシャワーヘッドになっています。

Googleアップデート対策
6位

Googleアップデート対策

Googleのアルゴリズム変更によるGoogleコアアップデートでSERPsの順位変動が起きたときにやったこと

TVを見なくなった話
7位

TVを見なくなった話

子供のころはよくTV見てました。それは娯楽の選択肢が少なくて、刺激の強いものがテレビのバラエティだったのが大きいのかも。

電子ノート
8位

電子ノート

電池もちが抜群で持ち運びに便利な電子ノートのレビューです。文庫本サイズの電子ノートはアイデアを思いつたらすぐにメモれる優れモノ

静岡旅行二日目
9位

静岡旅行二日目

三保の松原から日本平に向かいロープウェーで久能山東照宮に向かい、大江戸温泉物語で汗を流してさやわかのハンバーグを食べた二日目。

α7Ⅲ 夜桜撮影
10位

α7Ⅲ 夜桜撮影

α7Ⅲを片手に東京の夜桜スポットに行ってきました。中目黒と千鳥ヶ淵の夜桜を紹介しながらα7Ⅲのレビューです。

カテゴリ一覧

オススメ商品レビュー

オススメ商品レビュー

世の中にある比較サイトや、いかがでしたか系サイトが嫌いなんです。使ってないのにえらそうなこと言うなと。なので体験談です。

WEB制作

WEB制作

WEBサイトを作れますと一言に言っても色々な技術があるわけですよ。アウトプットの形は一緒でもいろいろこだわりがあるんです。

カメラ

カメラ

2018年4月に購入したソニーのミラーレス一眼「α7Ⅲ」に関連する記事一覧ページです。 作例集やカメラグッズレビューなど。

美味しいもの

美味しいもの

食に関してはあまりこだわりがないんですけどね、こだわりがない分美味しいと思ったものは本当においしいと思ったものなんですよ

Amazonプライム動画

Amazonプライム動画

Amazonプライム会員なら無料で利用できるAmazonプライム動画から、いろいろな動画をみたレビュー記事のまとめページ

旅LOG

旅LOG

家族旅行やおでかけした際の旅ブログです。夏休みの家族旅行(4人家族)で訪れた観光名所の感想などを記しています。

プロフィール

プロフィール

Start-Point.netの管理人のプロフィール紹介を兼ねた、自分の中のルールや決め事やエピソードなでお書いていきます

日記

日記

日記と言っても色々な日記があるわけで、記録的な日記や心理描写を色濃く描いた日記などをまとめたページです。

thanks

thanks

自分を表現することって意外と難しいんですよね。照れがあったり、間違ったこといってないかとよくわからない何かと戦ったりして。

マネーリテラシー

マネーリテラシー

お金や税金、資産形成に関する情報や体験談をブログでお伝え!

記事内で紹介している商品

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ Amazon Alexa搭載 /ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル 360 Reality Audio認定モデル シャンパンゴールド WI-1000X N

9,980
(税込)