ロリポップの管理画面から簡単に設定できる便利な設定

ロリポップサーバーのアクセラレーターの設定方法やPHPのバージョン変更などの簡単にできるサーバ設定5つを解説!

ロリポップサーバーを契約したらやっておきたい5つの設定

ロリポップサーバー設定 WEB制作

ロリポップサーバーの管理画面から簡単に設定できて、WEBの表示速度改善やセキュリティを行う5つのポイントを画像入りで解説しました。ロリポップサーバーは管理画面が秀逸で初心者のひとでも簡単に設定変更ができるのでまだ未設定の方はぜひ見直しを!

公開日:
最終更新日:

ロリポップサーバー設定 関連ワード #149 #ロリポップサーバー設定
レビュー
使い方
レンタルサーバー
  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0

ロリポップサーバーを借りたらやっておきたいこと

自分のWEBサイトを作るときに必要なのがレンタルサーバーです。
レンタルサーバーを借りなくてもブログサービスを利用することで、WEBサイトを作ることはできます。

ただ、そういうサービスを利用すると、規約の変更があったり、最悪サービスの終了により、せっかく作ったサイトが消滅することがあるので、自分専用のサイトを作ることをオススメします。

最近の事例でいうと、Amebaブログが利用規約の変更により外部アフィリエイトの利用が禁止になりました。

そんなことにならないように、レンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得して、自分専用のWEBサイトを作っちゃいましょう。

私のオススメレンタルサーバーはロリポップです。

ロリポップを借りたらやっておきたい5つの設定についてご紹介します。

WEBの表示速度を早くするためにアクセラレーターを設定

ロリポップの便利な設定に「アクセラレーター」という設定があります。
これを活用することで、WEBページの表示速度の高速化が可能になります。

どんなものかは公式サイトの画像がわかりやすいので引用して紹介します。

ロリポップ アクセラレーター ロリポップ アクセラレーターの効果

ロリポップ公式サイトより引用

パフォーマンスが最大で24倍向上するという、素晴らしい機能が備わっています。

サーバーにキャッシュを作って、そこからサイトの内容を表示させる設定になります。
ブラウザにもキャッシュという一時記憶領域がありますが、それがサーバーにもある、という状態です。

アクセラレーターの設定方法

クリックするだけで使えるので、解説とか要らんのですが、一応書いておきますね。

ロリポップ アクセラレーターの設定方法

ロリポップの管理画面

ロリポップの管理画面にログインして、「サーバの管理・設定」にはいります。
そのメニューの中に、「ロリポップ!アクセラレーター」という項目があるので、クリックします。

適用したいドメインを選択して、トグルスイッチをクリックして色がつけば適用されます。
設定を変更したいときは「設定」をクリックします。

クリックすると、以下のポップアップが表示されます。

ロリポップ アクセラレーターの設定方法 詳細設定

アクセラレーターの設定

「初期設定」の場合、ワードプレスの設定ファイル以外のすべてのファイルがキャッシュされます。
とくに問題がない限り、この設定で問題ありません。

画像ファイル、CSS、JSなどの拡張子のみをキャッシュしたいときは、下にあるラジオボタンをクリックして設定を切り替えることができます。

アクセラレーター使用時の注意点

アクセラレーターを有効にしているとサーバーキャッシュを参考にページを表示するので、画像やCSSをアップロードしてもすぐに反映されない場合があります。
その場合は、アクセラレーターの設定画面から「キャッシュ削除」をクリックすると反映されます。

が、アクセラレーターののキャッシュを削除してもすぐには変更が反映されない場合があります。
キャッシュを削除してから反映されるまでに最大で5分かかるためです。

キャッシュが効かない状態でファイルを確認する方法

画像ファイルでもCSSでも実態のURLに適当なパラメータをつけて表示を確認することで、アップロードしたファイルのキャッシュじゃなく、アップした状態のファイルを確認できます。

パラメータの付け方について

以下のファイルを更新したとします。

https://www.start-point.net/img/logo.svg

このURLの最後に?をつけて適当な英数をつけることで、キャッシュを無視してファイルの状態を確認できます。

https://www.start-point.net/img/logo.svg?test=aa

こんな感じで適当につけて、更新した内容が表示されれば、サーバーにアップした画像は正しいので、キャッシュが更新されれば最新状態に切り替わります。

PHPのバージョン確認と変更

ロリポップのレンタルサーバーはPHPのバージョンと種類を任意のPHPの種類(モジュール版とCGI版)から選択することができます。
ハイスピードプランの場合は、LiteSpeed版のPHPで、PHPのバージョン変更しか選べませんが、スタンダードプランの場合、CGI版とモジュール版が選択できます。

ロリポップ PHPバージョン設定

PHPの設定

「サーバーの管理・設定」から「PHP設定」に入り、変更したいドメインから、バージョンを選択することでPHPの変更が可能です。

このサイトはロリポップのハイスピードプランを利用しています。

PHPモジュール版のメリット

スタンダードプランをご利用の場合、問題がなければモジュール版を選んでおきましょう。
PHPの処理速度が最大で12倍差がでると、公式サイトに掲載があります。

ロリポップ PHPモジュール版とCGI版の比較

PHP モジュール版とCGI版の違い

PHPのバージョンは新しいバージョンを選んだ方が色々とメリットがありますが、現在使用しているPHPのバージョンと、変更するPHPnoバージョンでエラーがでないか確認してから変更するようにしてください。

特にメジャーバージョンアップと言われる、PHP5.Xから、PHP7.Xに変更するときは注意が必要です。
エラーは出なくても、警告表示がされる場合があります。

無料独自SSLの設定

SSLの設定はもはや必須項目となりましたね。
SSLかかってないと警告を表示されるという時代になりました。

ロリポップの管理画面からクリック1つで適用できますので、こちらも忘れずに設定しておきましょう。

管理画面のセキュリティ項目の中にある「独自SSL証明書導入」から「無料独自SSLを設定する」からSSL設定を行います。

ロリポップ 無料独自SSL設定

無料SSLの設定

適用したいドメインを選択して、SSL設定を有効にし、時間がたてば独自SSLの設定が完了です。

FTPアクセス制限

同じくセキュリティ設定にある「FTPアクセス制限」の設定をしておきましょう。

この設定をすることで、指定したIPアドレス外からのFTPアクセスを制限することができます。

ロリポップ FTPアクセス制限

FTPアクセス制限の設定

FTPアクセス制限の注意点

ここのIP制限を掛けると、指定のIPアドレス以外からUPロードができなくなりますので、カフェやコワーキングスペースからのアップロードができなくなります。
※出先のIPを登録しておけばアップロードできますが。

不正アクセスによるサイトの改ざんを防ぐのが目的になります。

メールの転送設定

独自ドメインでサイトを運用すると、メールアドレスを作ることができます。
サイトのお問合せの受信メールをこの自分で取得したドメインのメールアドレスにすることが多いと思いますが、そのメールをGmailなどに転送設定しておくと、スマホでメールが受け取れるので便利です。

ロリポップの管理画面から「メール」に入り「メール設定/ロリポップ!webメーラー」を選択し、メール設定をしたいメルアドをを選んで、メール設定の「確認・変更」をクリックします。

ロリポップ メール設定

メールの転送設定

メールの転送先が最大5アドレス設定できますので、ここにご利用中のGmailアドレスを設定すると、ここに届いたメールがGメールに転送されます。

迷惑メールとウィルスメールの拒否設定

ウィルスメールをサーバー側で受信しない設定や、迷惑メールを受信しない設定が行えるので、ついでにやっておくとよいです。
100%は防げないですが、やらないよりはやっておいた方が精神安定上良いので、やっておきましょう。

ロリポップ メール受信設定

メール受信設定

メール転送設定の画面の一番下にある、「メール受信設定」から設定します。

ロリポップ 迷惑メール拒否設定

メール受信設定

ウィルスメールの設定と迷惑メール(スパムメール)の設定はデフォルトで受信しない設定になっていたような気がするのですが、確認しておくとよいですね。

迷惑メールはここで設定しても残念ながら届くこともあります。

受信拒否リストなども使って対応してたんですが、毎回微妙に違うアドレスで届くので、最近はあきらめております。
ほんとスパムメールを根絶する仕組みが開発されてほしい。

ロリポップサーバー使ってるなら設定したほうがいい項目 まとめ

個人的にロリポップサーバーの良いところは、管理画面のわかりやすさが一番優れていると思っています。
性能とかスペックは正直、どのサーバーでも大差ないでしょ、と思っている人間です。

ここで紹介した設定も管理画面からほぼ1クリックで設定が完了する、というお手軽さが魅力です。

表示速度の改善だったり、セキュリティの強化だったり、PHPのバージョン変更だったりと、めんどくさそうな項目が簡単に設定できてしまうお気軽さが魅力なんですよ。

他にもWEBツールが簡単に導入できたり、CRONの設定が簡単だったりと、ほんとロリポップサーバーの管理画面はわかりやすくて好きです。

使い慣れているのもありますが、個人でも仕事でも格安のレンタルサーバーを使うときは、基本的にロリポップサーバーを使っています。
まだ設定していない項目があったら、ぜひ設定してみてください!(自己責任で)

2020年8月ロリポップ 全プランリニューアル記念初期費用無料キャンペーン

ロリポップは2020年8月5日(水)10:00〜2020年12月31日(木)23:59限定で、初期費用が無料になるキャンペーンを実施しています。

しかも、全プランでストレージ(ハードディスク)をSSDにバージョンアップというリニューアルを実施していますので、料金そのままでスペックがアップしました!

さらに、ハイスピードプランは永年初期費用が無料で、月額料金が500円~と価格変更が入り、ハイスピードプランの導入ハードルがかなり引き下がりました!

ロリポップのプラン比較と選び方を書きました

ロリポップサーバーのプランの中からどのプランを選べば良いのかを詳しく解説しました。
ロリポップサーバーを検討中の方はこちらも合わせてご覧ください。

  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0
はてなブックマーク

おもしろかったらぜひ、はてなブックマークをお願いいたします。

次の記事はこちら

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
40歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップのレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

レンタルサーバー 関連記事はこちら すべての WEB制作 記事はこちら

14年間使ったロリポップのライトプランからスタンダードプランへ変更

14年間使ったロリポップのライトプランからスタンダードプランへ変更

14年間使っていたロリポップのライトプラン(月額250円)からスタンダードプランへランクアップしてみました。

WEBページ表示速度改善のためにやった7つ以上の施策

WEBページ表示速度改善のためにやった7つ以上の施策

WEB表示速度は速いほうがページの離脱防止やユーザーの満足度向上につながるというわけで、大きいことから小さいことまでやりました

ロリポップのプランの選び方を各プランと比較して解説

ロリポップのプランの選び方を各プランと比較して解説

ロリポップのレンタルサーバーのプランからライトプラン、スタンダードプラン、ハイスピードプランの3つの違いをレビューしました

ロリポップ ハイスピードプランを半年使ってみた感想とレビュー

ロリポップ ハイスピードプランを半年使ってみた感想とレビュー

ロリポップのハイスピードプランを使って約半年。 気づいた事やオススメポイントをスタンダードプランと比較して記事にしました

WEB高速化のためのPHP&MySQL改善とサーバーのプランアップ

WEB高速化のためのPHP&MySQL改善とサーバーのプランアップ

WEBサイトの高速表示をするために、サイトで使っているサーバー、PHPプログラム、SQLの書き方、画像の縮小をしました。

ブログアクセスランキング

新着記事

カテゴリリスト

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
40歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップのレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

WEB制作関連・オススメ商品 amazon