スタンダートプランからライトプランへのプランアップの感想

14年間使っていたロリポップのライトプラン(月額250円)からスタンダードプランへランクアップしてみました。

14年間使ったロリポップのライトプランからスタンダードプランへ変更

ロリポップサーバー WEB制作

14年間使っていたロリポップのライトプラン(月額250円)からスタンダードプランへランクアップしてみました。ランクアップすることでデータベースの使用数が10倍になりPHPモジュール版の利用が可能になりました。使いやすいレンタルサーバーについて

公開日:
最終更新日:

ロリポップサーバー 関連ワード #47
WEB制作
レンタルサーバー
  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0

14年間使っていたロリポップのライトプランをスタンダードプランに変更した理由

「レンタルサーバー オススメ」とググると95%以上の確率でXSERVERのオススメ記事が上がってくるわけですが、私はロリポップを使い続けています。XSERVERは使ったことがない(1回仕事で使ったか)ので、何がそんなに素晴らしいのか分かりませんが、ロリポップのことなら色々語れるので、そういう記事を書きたいと思います。

ロリポップは14年前の2003年から使い続けています。

ロリポップ管理画面

ロリポップ お支払い状況

まとめて支払うと割引が効くのと更新忘れないように後半は1年分一括で払ったりしてます。直近の2017年6月分からスタンダードプランに変更しており、様子見を兼ねて6ヵ月契約にしてみました。

ライトプランとスタンダードプランのどっちがいいか 比較

ロリポップの低価格帯で人気のプランのライトプランとスタンダードプラン。
だったのですが、2020年8月にロリポップの価格とスペックの大幅変更が入りました。(実質値下げです)

これにより、スタンダードプランを選ぶ理由がかなり薄くなりました。
上位プランのハイスピードプランと最低利用価格が同じになりました。

簡単に言うとスタンダードプランの存在意義がなくなりました。

初めてのレンタルサーバーならライトプラン一択

主要プランの月額料金とスペック比較

一番下のエコノミープランはワードプレスが使えないので省き、最上位のエンタープライズも個人利用ではあまり使わないので説明を省きます。

項目ライトスタンダードハイスピード
月額料金 250円 500円 500円
ディスク容量 100GB 150GB 250GB
メール容量 2GB 2GB 2GB
データベース 1個 50個 無制限
転送量 100GB/日 150GB/日 200GB/日
独自ドメイン登録数 100件 200件 無制限
PHP(CGI版) -
PHP(モジュール版) -
PHP(LiteSpeed版) - -
cron 5個 10個 10個
共用SSL
無料独自SSL
独自SSL(PRO) オプション オプション オプション
SSH 無し
電話サポート 無し

※2020年8月21日現在の情報です
※独自SSLはサーバーとドメインがロリポップの場合100個まで無料
※月額料金は最安値の月額換算

月額500円出せるなら、スタンダードプランよりハイスピードプランを選ぶ方がコスパが良くて、500円は高いとなるとライトプランになります。

ライトプランとスタンダードプランのスペックの違い

サーバーの詳細なスペックは非公開のところがあるので、公開されているスペックだけ比べると、ほぼ同等であると思われます。

ディスク容量やデータベースの数に違いがある程度で、大きな違いは見受けられません。

データベースの数が1個と50個でだいぶ違うのですが、データベースは基本1つあれば十分です。
ドメインや運用サイトが増えてきたらデータベース単位で管理する方が便利ですが、データベース1つでもマルチドメインも、複数のワードプレスのインストールも可能です。
(管理は少しめんどくさくなりますが)

明確な違いがあるとすれば、電話サポートの「あり」「なし」と、SSHの「あり」「なし」ですかね。

ライトプランとスタンダードプランの違い

価格差を考えてもライトプランがオススメ

アクセス制限の上限に違いがありますが、アクセス制限を受けるほどアクセスが集められるようになったら、スタンダードプランより上位のハイスピードプランを選ぶ方がオススメです。

▼ハイスピードプランに興味があるかたはこちらの記事がオススメ

初めてのブログやサイト制作ならライトプラン

レンタルサーバーを利用してのサイト運用が初めての方は、ライトプランを選びましょう。
WEBサイトを副業やお小遣い稼ぎで利用するならなおさらです。

レンタルサーバーは固定で料金が発生します。
初めてのサイト運用の場合、すぐに収益化させるのが難しいのが現実です。

サイトで収益を上げようとしているのに、レンタルサーバーの費用で赤字になってしまう、というリスクを下げるために、月額コストの低いライトプランから始めて、軌道に乗ってきたら上位プランにプランアップするのが上策です。

ロリポップは管理画面が使いやすく初心者にもオススメ

レンタルサーバーの管理画面が分かりやすいこと。

これ、気にする人はあまりいないかもしれませんが、ストレスなくレンタルサーバーを活用するうえでこの項目はかなり重要です。
そんなに頻繁に管理画面にアクセスすることはないと思われていると思います。

違うんです。サーバーの管理画面を頻繁にいじることは確かに少ないです。
逆にね、管理画面にアクセスするときは、重要ななにかを変更しなければいけないときなわけです。
この時にわかりづらい管理画面は本気でイライラします。

ロリポップの管理画面は最新のおしゃれな管理画面とは言えないまでも、わかりやすいメニュー構成でやりたいことに直結していて操作しやすいんです。
これは本当に重要。他社の管理画面があまりに使いづら過ぎてイライラしたわけです。どことは書きません。

ロリポップ管理画面

ロリポップ スタンダードプランの管理画面

他社サーバーとの機能比較について

ここでいう機能というのは、PHPが使える、データベースが使える、ワードプレスのインストールが簡単とかそういうことです。大体どのレンタルサーバーでもできます。
但し、使えるのと使いやすいは別です。

また管理画面の話になりますが、PHPのバージョンに制約があったり、phpmyadminのバージョンが古かったりという点に違いがあります。

phpmyadminとはMySQLデータベースを使うときに分かりやすく表示してくれるWEBアプリケーションでデータベースが使えるレンタルサーバーにはほぼ搭載されています。
ただし、バージョンはレンタルサーバーによって様々。最新版とは言わないものの、新しいほうが使い勝手が良いわけですから、新しいバージョンを使いたいものです。

その点、ロリポップのphpMyAdminは4.0が使えるのでストレスなく利用できます。
古いやつだとインターフェイスが古臭いのとちょいちょいめんどくさいところがあるので、新しいほうが楽でいいです。

初心者でも安心のロリポップのサポート体制

格安レンタルサーバーの場合、気になるのがサポート体制です。

私はgoogleで調べたりしてもわからないことがあるときに、ロリポップに問い合わせをしたりしていますが、問い合わせの翌営業日には回答をもらえています。
スタンダードプランだと電話によるサポートもありますが、まだ電話はしたことがありません。

PHPモジュール版のエラー表示方法についてロリポップのサポートに聞いてみた

スタンダードプランに移行すると今まで使えていたphp.iniの設定ができなくなり、PHPのエラー表示の方法が調べたけどよくわからなかったのでメールで問い合わせをしてみました。問い合わせ内容は以下の通り。

送信日時:17/07/25 23:36:45

▽ご質問したいスクリプト(CGIやPHP等)

PHPエラー出力について ▽ご質問内容

いつもお世話になっております。 PHP5.6のモジュール版を使っているのですが、php.iniの設定変更が行えないと記載があるのは確認いたしました。 サイト上にPHPのエラー出力を行う場合、どこから設定変更を行えますでしょうか。
一時的にエラー表示、また、エラー内容のログ出力などがこちら側でできればと思っております。
お手数をおかけいたしますがご回答いただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

頂いた回答が以下の通りです。

送信日時:17/07/26 14:29:09

この度はお問合せいただき、誠にありがとうございます。
カスタマーサービス 〇〇 よりご案内いたします。

お問合せいただきました件に関しまして PHP(モジュール版)をご利用いただいている状態で 「display_errors」をOnの状態にしたいという場合、 「.htaccess」ファイルにて設定が可能でございます。 「.htaccess」ファイルに以下の記述を行なっていただきますようお願いいたします。

-----------------------------
php_flag display_errors On
-----------------------------

他にお困りの点がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。
これからもロリポップ!をよろしくお願いいたします。

こんな感じで翌営業日には回答をいただき、非常に的確かつ具体的な回答をいただきました。
PHP周りの質問だとサポート範囲外です、と言われるかなと思っていたのですが、htaccessから行えばいいというだけでなく、実際のコードまで合わせていただきました。非常に助かりました。

モジュール版はhtaccessから設定ができるんですね。知りませんでした。

初めてのレンタルサーバーならロリポップのライトプラン

初めてのレンタルサーバーの利用を検討中なら、ロリポップのライトプランがオススメです。
私もこのプランを一番長く利用して(14年間)大きな不満もなく、使い続けていました。

サイトのアクセスが増えてきて、瞬間的なアクセス制限を受けることがあり、サポートの方に確認して上位プランのスタンダードプランへプランアップしました。
※そのころはハイスピードプランがまだ高かったため

固定でかかる費用は安くて、機能的にもデータベースとPHPが動かせ、独自SSLも無料で使えたので、十分な機能を備えており、問題なく利用することができました。

独自ドメインも使えますし、マルチドメインにも対応していて、ワードプレスも使えるお得なプランです。

アドセンスやアフィリエイトも、規制もなく思うがままに使えますから!
(アダルトコンテンツはNGです)

250円でここまでできるライトプラン

250円でここまでできるライトプラン

これで一か月あたり250円
牛丼1杯よりも安いわけですからね。ありがたいプランですよ。

サイト運用は長く続けることが大事

サイト運用はなが~く続けることが大事だと思うんですよね。

長く続けることでアクセス数も増えていき、アドセンスやアフィリエイトを利用すれば、サーバや代くらいならまかなえるようになります。

初めてのレンタルサーバーだといろいろと不安があるかと思いますが、月額利用料金が最安値になる6ヵ月契約がオススメです。

契約期間による月額料金の違い

契約期間ライトスタンダードハイスピード
1~3ヵ月300円600円1,000円
6ヵ月250円500円750円
12ヵ月
24ヵ月630円
36ヵ月500円

短期間の契約だと月額料金が割高になりますし、支払いの手間が増えたり、メリットがほとんどありません。

ぜひロリポップのレンタルサーバーを利用して、サイト運用を楽しんでください!

2020年8月ロリポップ 全プランリニューアル記念初期費用無料キャンペーン

ロリポップは2020年8月5日(水)10:00〜2020年12月31日(木)23:59限定で、初期費用が無料になるキャンペーンを実施しています。

しかも、全プランでストレージ(ハードディスク)をSSDにバージョンアップというリニューアルを実施していますので、料金そのままでスペックがアップしました!

さらに、ハイスピードプランは永年初期費用が無料で、月額料金が500円~と価格変更が入り、ハイスピードプランの導入ハードルがかなり引き下がりました!

  • Twtterでシェアする
  • はてなブックマーク
  • フェイスブックでシェア
  • ポケットでシェア
  • LINEで友達に送る
  • rss2.0
はてなブックマーク

おもしろかったらぜひ、はてなブックマークをお願いいたします。

次の記事はこちら

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
39歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップのレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

レンタルサーバー 関連記事はこちら すべての WEB制作 記事はこちら

WEBページ表示速度改善のためにやった7つ以上の施策

WEBページ表示速度改善のためにやった7つ以上の施策

WEB表示速度は速いほうがページの離脱防止やユーザーの満足度向上につながるというわけで、大きいことから小さいことまでやりました

ロリポップのプランの選び方を各プランと比較して解説

ロリポップのプランの選び方を各プランと比較して解説

ロリポップのレンタルサーバーのプランからライトプラン、スタンダードプラン、ハイスピードプランの3つの違いをレビューしました

WEB高速化のためのPHP&MySQL改善とサーバーのプランアップ

WEB高速化のためのPHP&MySQL改善とサーバーのプランアップ

WEBサイトの高速表示をするために、サイトで使っているサーバー、PHPプログラム、SQLの書き方、画像の縮小をしました。

ロリポップサーバーを契約したらやっておきたい5つの設定

ロリポップサーバーを契約したらやっておきたい5つの設定

ロリポップサーバーのアクセラレーターの設定方法やPHPのバージョン変更などの簡単にできるサーバ設定5つを解説!

ロリポップ ハイスピードプランを半年使ってみた感想とレビュー

ロリポップ ハイスピードプランを半年使ってみた感想とレビュー

ロリポップのハイスピードプランを使って約半年。 気づいた事やオススメポイントをスタンダードプランと比較して記事にしました

ブログアクセスランキング

新着記事

カテゴリリスト

プロフィール:fuchi WEBクリエイター

fuchi
WEBクリエイター / 個人事業主
39歳 / ♂ / 鳥好き

WEB制作とWEBマーケティングをやってきました。
PHPとMysqlを使って面白いことをやりたいと模索中です。

ロリポップのレンタルサーバーを使っています

プロフィール詳細はこちら

WEB制作関連・オススメ商品 amazon